広告・販促・SNS・PR実践

本プログラムのねらい

  1. メディア環境が激変する中で、効率良くお客様とつながり、共感を獲得してファンを創り、顧客ロイヤルティを向上させるブランド・コミュニケーションの構造を読み解きます。
  2. コンセプト・フレームワークを活用して、ブランド価値を高め、購入を促すブランド・コミュニケーションを学びます。
  3. 戦略的PRやソーシャルメディアの効果的運用により口コミを誘発させ、商品・サービスに対する親近感や信頼感を醸成する仕組みについて理解します。
  4. 最適なコンテンツ開発と広告・販促・SNS・PR 等の全体最適化を行い、投資対効果を高めるコミュニケーション戦略構築を多くの実例を参照に実践力を養います。

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

1日目(10:00~17:00)
1 オリエンテーション

2 生活者・市場動向の把握と市場機会の発見
1)人口動態と生活者心理の把握
2)顧客インサイトと「個客」対応
3)市場動向の把握と市場機会の発見
3 ファンを創るブランド・コミュニケーションの仕組み
1)メディア接触態度とブランド・コミュニケーションの構造
2)「ファン度」を解析して「ロイヤル顧客化」を目指す
3)「ファンが新しいファンを創る」仕組み

4 コンセプト・フレームワークでブランド・コミュニケーションを組み立てる
1)「コンセプト・ドリブン」で効率的に共感を獲得
2)コンセプト・フレームワークで組立てる
Goal、Concept、Who、What、How、Why
3)効果的なターゲティングとポジショニング

5 共感されるクリエイティブとコンテンツの開発
1)生活者に振り向いてもらうクリエイティブ開発
2)生活者に共振してもらうコンテンツ開発
3)信頼と親近感を獲得する「人・組織・キャラクター」
6 認知を獲得するマス広告と自社サイトに誘導するデジタル広告
1)認知と好イメージを獲得する広告計画
2)自社サイトへ誘導するデジタル広告
3)効果を向上させる媒体計画

グループ演習
7 需要創造型のブランド・コミュニケーション計画の作成
・成熟商品を新しい視点で捉え直し、リボーンを行なうことで新しい価値を創造する。
・新しい商品カテゴリーを創造して、新しい市場を創造するマーケティング計画を作成する。

2日目(10:00〜17:00)
8 「ブランド価値」を向上させるブランド戦略
1)強いブランドの構造及び欧州と米国の事例
2)プレミアムブランドを創る
3)強いブランド戦略の事例

9 「ファンを創る」「顧客と共創する」ソーシャルメディアの特徴と事例
1)ソーシャルメディアの構造と特徴
2)「つながりを創る」「ファンを創る」SNSの事例
3)「顧客が参加する」「顧客と共創する」SNSの事例

10 信頼を獲得する戦略的PR
1)効果的なPRシナリオの作成
2)メディアが歓迎するニュースバリューの開発
3)ユニークな切り口のPR事例

11 売りに結びつける販売促進とSPメディア
1)「買いやすい」販促と売場作り
2)OtoOやポイントなどの特徴と活用
3)効果的な販促事例とSPメディア事例

12ブランド・コミュニケーションの強化と革新の事例
1)ブランド価値向上のマネジメントサイクル
2)リ・ポジショニングでシェア拡大の事例
3)コンテンツの革新で成長している事例

13 コミュニケーションの費用対効果の考え方
1) コミュニケーション効果を検証する視点
2)マスとデジタル広告の効果検証
3)KGIとKPIによる効果検証管理

グループ演習
14 「ファンを創る」新市場創造型マーケティング計画の作成
・新規ブランドをを効率的に伝えてファン層を創り、新しい市場を創造する計画を作成する。

15 総評・質疑応答

対象

  • メーカー、小売業、サービス業等における、マーケティング、商品企画、営業企画、広告、広報PR、宣伝、経営企画部門のスタッフならびに管理者の方々
  • マーケティングと広告・販促・SNS・PRの基本を学びたいとお考えの方々
  • ブランド担当としてブランド・コミュニケーションの効率化をお考えの方
  • 他業界の多くの事例を参考にしたいと考えている方

費用について

実施にかかる費用については、「よくあるご質問」をご覧ください。

サブコンテンツ