コラムcolumn

目的とゴールの設定|経営幹部育成のSTEPをつかむ!『リーダー育成読本』Vol.3

「これから経営幹部育成研修の実施を考えている方」、「経営幹部育成研修を実施しているが、どうもうまくいっていないと感じている方」へ・・・
JMAのご支援の蓄積から、「経営幹部育成研修の設計」をする上でベースとなる考え方を皆様にお伝えしていくコラムです。

STEP2 目的とゴールの設定

目的の設定

自社の経営者像を明確にしたら、次は選抜の方法や研修プログラム・事後の配置など、一連の育成のプロセスを設計し、その中での「研修」の目的を設定します。
最終的な目的は「経営者を育成する」であることは間違いありませんが、「研修が終了した=経営者の育成が完了」というわけではありません。目的を設定する際は、以下の3つの視点を参考に検討していただくと良いと思います。

(1)育成プロセスから考える
経営幹部の育成を段階的に行う(例えば「研修受講→他部門配置→特命プロジェクトリーダー→研修受講→子会社社長→・・・」のようなプロセス)とすれば、企画する研修が、どこの段階にあるのかを明らかにした上で、その研修の目的をどこに置くのかを明確にする必要があります。例えば、経営幹部育成の初期段階で、受講者に経営基礎知識が全くない状態だとすれば、「経営基礎知識の習得」が目的となるでしょうし、次のステップで子会社社長にしたいという段階での研修であれば、「トップとしての発信力を高める」や「意思決定力を高める」になるかもしれません。

(2)経営方針、経営戦略から考える
企業として新しいビジネスを構築していくという経営方針があるものの、実態は新しいビジネスがなかなか生まれていない。そのような現状に対して、研修を使って「新しいビジネスの種を見つける」ということも目的を設定することも良いでしょうし、グローバルでのビジネスを強化していこうという方針があれば、「グローバルで戦う必要性を認識する・マインドセットする」、「グローバルでビジネスを展開するために必要な知識を習得する」という目的もあるでしょう。

(3)研修という『場』の特殊性から考える
受講者の能力の側面から考える目的もあれば、ビジネスや能力と直接的に関係がないと
思えるものも研修の目的になり得ます。例えば「各部門からの参加者と議論することによって視野を広げる、グループシナジー発揮に向けた素地を形成する」などです。また、研修は(基本的には)実務とは切り離された場となりますので、絶好の内省の機会です。この観点から「じっくりと内省することで、自身の課題を明確にする」というものもあるでしょう。
研修を行うこと自体が目的にならないように、その研修の位置づけ及び、自社の経営者像と照らし合わせながら考える必要があります。

ゴールの設定

研修の目的を設定したら、ゴールを何にするかを決めます。言い換えれば、研修が終了したときに、受講者がどういう状態になっているのかを決めるということです。設定した目的を達成している状態を、具体的な知識レベルや行動で表現できると良いでしょう。
例えば、研修の目的が「経営基礎知識の習得」であれば、知識が身についている状態(テスト等で習得状況を測る)がゴールとなり、目的が「これからの10年、我社の主軸となるビジネスを生み出す」ことが目的であれば、そのゴールはそのビジネス構想ができており、会社として進めていく意思決定がなされた状態、とすることもできます。
ゴールを設定することで、研修を実施した成果があったかどうかを測ることができます。
ただし、研修終了直後には成果がでないものもありますので、そういったものは、あるタイミングを設定して、その時点で成果を測るようにするとよいでしょう。

『経営幹部育成研修の設計STEP』

経営幹部育成研修の実現をご支援しています

この『リーダー読本』は、「これから経営幹部育成研修の実施を考えている方」、「経営幹部育成研修を実施しているが、どうもうまくいっていないと感じている方」に向けて、進め方のヒントをお伝えするために執筆しています。
JMAソリューションでは、本コラムでお伝えしているプロセスをお客様と共に具体的に検討し、実現を支援いたします。経営幹部育成研修について課題をお持ちの方は、ぜひご相談ください。

経営幹部問合せ

●関連情報

【講師派遣型】次世代経営者・経営幹部育成

【資料ダウンロード】「経営幹部育成」パンフレット

【企業インタビュー】日本ハムキャリアコンサルティング

【企業インタビュー】東急