「行動変容を加速する体験学習」体験型説明会(開催終了)

~開催終了いたしました~
【日時】2017年8月2日(水) 14:00~17:00(参加無料)
【場所】日本能率協会 1606研修室(→MAP
【対象】組織・人材開発に携わる方。学習する組織、行動変容に関心のある方

 

開催趣旨

~学びを日常の行動変容に結びつけ、速やかに組織の力に変えることを目指したい方に~

「体験学習」とは、本や理論など、既に一般化されたモデルから学ぶのではなく、
自分が体験したさまざまなことを大切にして、今ここで起きた体験から学ぶ学習方法です

組織変革を起こす秘訣は人にあり。
組織を構成する人に変革を起こす秘訣はアダルトラーニング、体験学習にあり。
学習組織を作ることです。

いわゆる”研修”で知識やスキルを習得しても、現場で再現されなければ、忘れ去られてしまいます。

真の体験学習は、学びに加速度をつけます。1+1が2ではなく、1+1が10にも20にもなるのです。
お金や時間をかけて人材教育をするならば、最大限のROIが確実になるようにすべきです。

真の体験学習は組織の一人一人の能力と経験を生かして枠を超えた結果を作り出すことを可能にします。

真の体験学習はただ、ケーススタディーや、演習、グループワークを取り入れれば良いのではなく、それらの全てを通じて認識や気づきを深め、通常では気づかない枠を超えたところでの認識を強化していくものです。
大人の学び方(アダルトラーニング)なのです。講師(トレーナー)の力量が問われるのです。

今回のイベントでは、アダルトラーニング、体験学習のマスタートレーナーが「真の体験学習とは何か」についてご説明します。同時にその事例をご紹介します。
アダルトラーニング、加速度ラーニング、体験学習の効果、学習組織への変革についての3時間イベントに是非ご参加ください。

講師プロフィール

elizabeth_matsuiマツイ・エリザベス Elizabeth Matsui
バイリンガル(日本語・英語)日本生れ、日本育ちのカナダ人で職業の殆どは日本において経験している。世界的トレーニング組織の日本本部において25年以上トレーニングの提供及び開発に携わる。この間マスタートレーナーとして認定される。これまで主に人の行動の変化が組織の効果性と業績向上にどのような影響を与えるかを題材とする企業向け、一般向け研修にて10万人以上の人と関わる経験を持つ。研修を実施してきた国は日本、中国、シンガポール、韓国、インド、マレーシア、ニュージーランドなどに及ぶ。

●マツイ・エリザベス氏 インタビュー 「今の時代に求められるリーダーを育てるためには」

プログラム

1.イントロダクション
-開催趣旨
-本日の流れ

2.体験学習とは?
-ミニワーク
-体験学習が効果的である理由

3.体験学習を応用した企業支援事例
-プロジェクトの概要(目標・期間・進め方等)
-プロジェクトの成果
-Q&A

4.支援プロセス
-相談から実施までの具体的なプロセス

5.個別相談会(ご希望の方)

※同業の方のご参加は恐れ入りますがお断りさせていただきます。

サブコンテンツ
ページトップへ戻る