講師インタビューtrainer

即効性抜群!成果が現れやすい「印象マネジメント」のススメ(3)

研修の最前線で活躍する講師に、いま注目のテーマについて聞き、人材育成について考えるインタビュー。
岩井結美子氏が「印象マネジメント」について語るシリーズの第3回では、研修という形式だからこそ得られる効用と、岩井氏自身の人材育成への考え方をお聞きしました。多くの人の成長を見守った岩井氏の言葉には、「人を育てる」ことに関する重要な視点が詰まっています。

「素直の扉が開く」――他の研修参加者の存在が、学びに前向きな姿勢をつくる

 印象マネジメントの研修では、洋服やネクタイなどのファッション雑貨を持ち込み、実際に身につけて印象の変化を体験していただきながら、ご自分の目指す印象の作り方を学んでいただいています。

 中には、「外見」を扱うことにどうしても照れがあるのか、消極的な方もいらっしゃいます。とくに一定以上の年齢層の男性にそういう方が多いかもしれませんね。でも、参加者全員の前に出てきていただいて、皆さんの前で服の色を変えたり、ネクタイの色を変えるなどデモンストレーションをしているうちに、ほとんどの方の態度が前向きに変わります。

 というのは、実際にはっきりと印象が変わるので、「そのほうが似合う」「爽やかになった」など、見ている皆さんからのリアクションが必ずあるんですね。そうやって肯定的なフィードバックを受けると、人間、悪い気はしないものなんです。

 2日間の研修であれば、1日目にはあまり乗り気でなかった方が、2日目にはご自分でお手持ちのネクタイや眼鏡を持参されて、「どんな印象かを見てみてほしい」と言われるようなこともよくあります。私はよく「素直の扉が開く」という言い方をしているのですが、他者からの承認で人は変わるんですね。自信が持てるようになるのです。そういう変化もまた、皆さんで受けていただく研修のよいところではないでしょうか。

「人の成長をお手伝いすることこそが天職」と気づくまで

 心療内科の仕事を経て今はメイクセラピストや印象アナリスト、そして研修講師をしている私ですが、社会人としてのスタートは営業職。飛び込みで個人のお宅を訪問して回る、いわゆる「ピンポン営業」でした。めちゃくちゃ大変でしたけど、度胸はついたし、いろいろな方とお会いして、多くの貴重な経験を積むことができたのは本当によかったと思っています。

 その後、事故で長期入院したのをきっかけに営業の仕事を辞め、「この先どんな仕事をしよう?」と思っていたとき、雑誌の記事を見て興味を持ったのが心理カウンセラーの仕事。昔から人の相談に乗るのが好きで、相談に乗ったことで感謝されることも多く、これを仕事にできればいいなと思ったんです。それから、産業カウンセラーやカラーセラピーの勉強をして資格を取得し、知人のサロンに間借りしてカラーセラピーの仕事をしているときに、スカウトされて心療内科の医院で働くことになりました。そこでさまざまな最先端のトレーニングを受けたことが、今の私の基礎になっています。

 そのときスカウトしてくれた心理カウンセラーが私の師匠というわけですが、その師匠が言うには、私のいいところは「人を怖がらないところ」なんだそうです。「人を怖がらないから、自分を実際以上によく見せようとするようなことがなく、悩みを抱えた患者さんの気持ちを理解しつつも必要以上に引っ張られたりもしない。だからこの仕事が向いている」と。実際は、最初からそんなに順風満帆だったわけでもなく、「岩井は途中で逃げて辞めていった」といわれたくない一心で頑張った時期もありましたが、今は人の成長をお手伝いするこの仕事が天職だと心から思っています。師匠の見立ても間違っていなかったのかもしれませんね。

「あなたには可能性がある。変わることができる」と本人以上に信じる

 今の私にとって最大のやりがいは、人が変わっていく姿を見ること。人を支援する仕事であれば、365日ずっとしていられるとすら思います。(笑)

 とくに、過去に研修に参加してくださった方が成長した姿を見るのは、もう三度の飯より大好き!実はつい最近も、研修会場で「岩井先生ですか?」と声をかけてこられた女性がいて、話を聞くと、2年ほど前に私が講師を務めた女性リーダー向け研修に参加してらっしゃった方だというのです。「あのとき研修を受けたことで管理職を目指す決心がつき、その後実際に管理職になれました」とご報告をいただき、「あのときの研修がなければ今の自分はありません」とまで言ってくださって、それはそれは嬉しく思いました。
 
 一方でこんなこともありました。その日の研修の参加者に1人、部下への不満を並べたかと思うと、急に元気をなくしたりと、ちょっと様子の不安定な女性がいらっしゃったんですね。なんだか、自分に対する怒りに満ちた感じとでもいうか……ところが、2日間の研修が終わったとき、その方がわざわざ私のところまできて、「ずっと自分に自信をなくしていたけれど、この研修を受けて自分にも褒めてあげられる部分があると気づいた」と涙ながらに語ってくださったんです。年齢的には40代くらいだったでしょうか。そういう年齢でも、人は何かに気づき、変わることができるんですね。

 私が研修講師を務める際に最も大切にしていることは、「本人以上にその人の可能性を信じること」です。「人は年齢や立場を問わず、必ず成長できる」「この人には可能性がある」ということを信じるところから始まると思っていますし、実際にそう信じてもいます。

 ですから、これから私の研修を受けられる皆さんには、どうか安心して身を任せていただきたいと思います。皆さんの可能性を、一緒に開花していきましょう!

第1回 即効性抜群!成果が現れやすい「印象マネジメント」のススメ(1)

第2回 即効性抜群!成果が現れやすい「印象マネジメント」のススメ(2)

 

● 講師プロフィール
岩井 結美子(いわい ゆみこ)
一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する「産業カウンセラー」資格を取得後、心療内科で心理カウンセラーとなり、患者の社会復帰支援を目的とした臨床経験を積む。2003年に起業し株式会社コンシャスインターナショナルを設立。人材育成支援の専門家として、「自分自身や他者との関係性の改善と向上」をテーマに企業研修や講演で全国を飛び回る。その登壇数は年間150回以上。ユーモアと人情味あふれるパーソナリティーに加え、内容は「すぐ実践できて成果が出る」と好評で、研修依頼のリピート率も高い。メイクセラピスト/心理カウンセラー/魅力ブランディング®トレーナー。一般社団法人メイクセラピストジャパン代表理事。

● 関連プログラム
オンライン営業に強くなる「印象マネジメント」研修