目標達成のためのハイパフォーマンスチームのつくり方

本プログラムのねらい

チームや組織は人の集まりです。人は感情やニーズを持った生き物であり、組織もまた同様の性質を持った存在と考えてみるとどうでしょう。そうしてチームを運営していくことで発展し、成長していくことは、脳科学やGoogle社などのビッグデータを基にした多面的な分析でも検証されています。

本プログラムでは組織活性化の観点や行動科学をもとに、人が本来持つ特性に合わせて、新たな成果を生み出すハイパフォーマンスチーム作りに向けた考え方や実践的な方法を、体験的に学習し習得することを目指します。
ゲームや演習をふんだんに取り入れ、研修そのものが楽しく飽きないハイインパクトなプログラム。2日間を通じて、集団がチームへ、そしてハイパフォーマンスチームへと変化していくことを実際に体験できます。

ポイント

  • 成果を上げているチームリーダーの豊富な具体事例と分析による講義。
  • 「 成果をつくるリーダーの9つの要素」「ハイパフォーマンスチーム作りに必要な3つの要素」を理解し、 各自のベストプラクティスと照らし合わせて、自身のチーム開発に最適な手法を学びます。
  • 実践的な組織開発の様々なアプローチや技法を体験し、現場での応用への理解を深めます。

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

1日目(10:00~17:00)
1 研修ゴールの共有

2 変化の激しい時代に求められるリーダーとは
•リーダーシップとマネジメントの違い
•支援参加型コミュニケーションとは
•プッシュ型リーダーとプル型リーダーによる組織の違い

3 成果をつくるリーダーの要素
•成果をつくる要素
•自己評価
•リーダーの成長のBE-DO-HAVE

4 ハイパフォーマンスチーム
•チームと成果
•チームで成果をつくるリーダーとフォロワーの役割
ゲーム演習Ⅰ

5 リーダーとしての価値観、目的、ビジョンの探究
•個人と組織の成果をつくる一貫性のサイクル
•価値観と目的のシェアリング
•ビジョンの探求

2日目(10:00〜17:00)
6 チームとハイパフォーマンスチームの違い
•ハイパフォーマンスチームの3つの要素
•環境づくり

7 ビジョンを実現
•ハイパフォーマンスチームに変化した組織から学ぶ

8 ビジョンの明確化とビジョン・コーチング
•ビジョンコーチング
•ビジョンのイメージ化
•描いたビジョンのシェアリング

9 ハイパフォーマンスチーム
•チームと成果
ゲーム演習Ⅱ

10 承認、アクションプランづくり
•ハイパフォーマンスチームと承認
•目標設定とアクションプラン

11 まとめ

対象

  • 次の様な悩みを抱える、職場のマネジャー、リーダーの方
    ・メンバーの積極性や主体性が低いと悩んでいる
    ・メンバーの能力を見極め、育成していくことに課題を感じている
    ・チームの一体感が弱く互いの協力体制も弱いと困っている
  • 新任の管理者、ラインマネジャー、プロジェクトリーダーの方
  • 経営企画部門、人事・組織開発部門の方

費用について

実施にかかる費用については、「よくあるご質問」をご覧ください。

サブコンテンツ