アート思考入門セミナー

本プログラムのねらい

 グローバル企業が世界的に著名なアートスクールに幹部を送り込んだり、エアビーアンドビーなどアートスクール出身者が世界的企業を創設したりと、ビジネスにおいてアートのもつ力に注目が集まっています。
また、AIが普及し、近い将来、定型業務や日常業務の多くがコンピュータやAIに置き換わると言われる中、唯一機械に置き換えることができないのが、人間の持つ「創造力」であると言われています。
 「独創的なアート作品を生み出し続けているアーティストのように、今までにない新しいものを創り出す」ことができるためには、どのような思考が必要なのか、そして、そのための手法にはどのようなものがあるのか。
 本セミナーでは、「対話型鑑賞法」、「想いの共創と具現化」という2つのワークショップを通じて、アート思考を身に付け、新たなアイデアを生み出したり、自分自身が本当にやりたいこと、パーパスを見つけたりするための手法を学びます

対象

  • イノベーションに欠かせない感性(センスメイキング)を磨きたい方
  • アート思考を身に付け、新たなアイデアを生み出したい方
  • 新しい思考法を取り入れ、新規事業、新製品開発に活かしたい方

ポイント

  • 「アートの触れ方」を学ぶことで、イノベーションに欠かせない感性(センスメイキング)を磨く。
  • 対話型鑑賞法のワークショップを通して、自ら考える力、物事から複数の可能性を見出す観察力、事実に基づいて論理的かつ体系的に思考する力などを高める。
  • アートの持つ、共感力、想いを具現化する力を、グループでのクリエイティブワークを通して身につける
    1日目
    時間 プログラム
    9:45

    16:45
      1. オリエンテーション

        自己紹介とアイスブレイク

      2. アート思考とは

        アート思考とはどういうものか。そして、今の時代なぜビジネスパーソンの間でアート思考が注目されているのかについて講義し、アート思考をビジネスに活かす考え方を伝える。

      3. イノベーションのための対話型鑑賞法

        実際のアート作品を使い、イノベーションに不可欠な観察力や発想力が高まるための、絵画の鑑賞法についてのワークショップ。
        (※)対話型鑑賞法:ニューヨーク近代美術館で開発された想像力、考える力、コミュニケーション能力を高める鑑賞法

      4. 対話型鑑賞法を活用した新製品(アイデア)開発手法

        対話型鑑賞法を活用した、新製品や新たなアイデアを考える手法

      5. 想いの共創と具現化のワークショップ

        アートの持つ、共感力、想いを具現化する力を、グループでのクリエイティブワークを通して身につける。

      6. 振り返りとクロージング

        セミナーの振り返りと、今後の実務への活かし方

    講師プロフィール

    島 青志 
    株式会社Salt 代表取締役
    一般社団法人自然経営研究会 代表理事
    慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科研究員
    認定スクラムマスター

     IT ベンチャー、広告会社、会計事務所などを経て、 2010 年に企業コンサルティングの株式会社 Salt を創業。2011年の東日本大震災時には、復興ボランティアとして、街づくりや商店街の復興、ビジネスの再構築の援助などを行い、その時の縁もあり、 2015 年に慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科に入学し、システム思考やデザイン思考、アート思考を地方振興やビジネスに活かす手法について学ぶ。 2018 年修了(現在は研究員として研究や学生の指導)。
     企業コンサルティングの一環として、企業での組織づくりやイノベーション(新製品開発)に関しての研修やワークショップを行う。物事や課題をシステムとして捉え、レバレッジポイントを見出して、課題解決方法をデザインすることを得意とする。最近は AI や DX 導入に関する、生産性向上や評価手法などについてのコンサルティングも行っている。