PCスキル向上セミナー(Excelデータ活用編)

データ分析の手法を身に付け、マクロによる自動化にも挑戦する

対象

  • Wordを使った業務をしている方
  • Excelの様々な機能を知り、スキルを高めたい方
  • ミスをなくし、省力化に取り組みたい方

ねらい

  • ①入力データを分析するためのデータベースの考え方を身につける
  • ②テーブル機能とピポットテーブルでデータ分析の手法を習得する
  • ③ミスゼロ・省力化の第一歩、マクロによる自動化を学ぶ

ポイント

  • MicrosoftOfficeのバージョンは、「2013、2016、2019、office365」を対象としております。
  • OSはWindowsを前提として講義をいたします。
  • テキスト以外に、副読本として『いまさら聞けないパソコン仕事の効率アップ50』(同文舘出版)を事前にお送りします。
    ※副読本の費用も参加料に含む。ただし、同時申込割引適用の場合は、セミナーごとでなく、参加者1名につき1冊。

参加者の声

  • ピポットは全く使ったことがなかったが、わかりやすかった。また、マクロの記録について学べたので良かった。
  • テーブルは普段使ったことが無い機能だったのですが計算式を入れなくても、集計が簡単に出来る非常に便利な機能であることが良く分かりました。
  • ピボットテーブルの集計方法をいくつも教わり有意義でした。テーブルに変換するのと普通のデータとして扱うのと、その違いやテーブルのメリットを説明することがこれまでできなかったのですが、セミナーで教わることができありがたいです。
  • マクロも使いたいと思っていたので、分かりやすい入口を勉強させてもらえて、とてもよかった。
  • ピボットテーブルの活用法などは今までわからないまま作業をしていたので細かい部分を知ることができ勉強になりました。
  • ピボットテーブルを使いたいと思いつつなかなか手が出せずにいましたが、本日分かりやすく教えていただいたお陰で、業務の効率化を図れます。
  • 小技的なものをたくさん教えていだけたので、今まで力業でやってたところを時間省略できると思います。マクロもチャレンジしたいとおもいます。
1日目
時間 プログラム
13:45

16:45
    1. データに息を吹き込むデータベース機能

      Excelのデータベース機能でできること
      データベース機能を使うための3条件
      知って得するデータベース用語

    2. 使わないともったいないテーブル変換

      名前を付けてテーブルを区別する
      テーブルでデータを抽出・並べ替える

    3. ピボットテーブルで手軽に集計

      ピボットテーブルの考え方・活用法
      必要なデータを自在にレイアウトする

    4. 挑戦!記録マクロで自動化の第一歩

      マクロ機能とVBA
      記録マクロで手間・ミスを激減する
      ボタンでマクロを実行する

講師プロフィール

森田 圭美 
株式会社 ビジネスプラスサポート
人財育成プロデューサー

 大学卒業後、大学講師秘書・学会事務を経て、人材教育企業に勤務。IT(Microsoft 製品オフィシャルトレーナー)分野から講師業をスタートし、「わかりやすい、現場ですぐ使える」インストラクション技術を習得。研修・セミナー・コンサルティングの場で、「『人と人』「仕事と人』『人と組織』を笑顔で結ぶ」をモットーに、「合点!」の笑顔と行動を引き出している。事務改善・IT業務改善、マニュアル作成支援を軸としてコミュニケーションやチーム活性化と、多面的に組織のヒューマンパワー活性化をサポートしている。

◆著書: 『いまさら聞けないパソコン仕事の効率アップ50』 同文舘出版
◆資格:ITコーディネーター、組織変革プロセス ファシリテーター