キャリアデザイン

求められる背景

人生100年時代において自分らしく生き生きと働き続けるためには、自らキャリアを開発していく「働くことへの主体的な姿勢」が重要です。さらに、柔軟な働き方を選択することが必要になった昨今、「自分にはどんなスキルが必要か」「自分のこれまでの経験がどう活かせるか」と自分を軸にキャリアを考える機会はますます増えています。自らのキャリアと向き合うための視点を得て、他者からの刺激も受けながら実際に考える機会としてキャリアデザイン研修が有効です。

主な課題

  • 社員のキャリア自律
  • キャリアデザインプログラムの制度の浸透・活用
  • 若手社員の定着
  • 女性社員の活躍推進
  • シニア世代社員の活性化

掲載プログラム

キャリアデザインワークショップ

50才からのセルフコーチング

女性社員のための
キャリアデザイン