9月10日(月)実務連動型「意・思・発・行」変革チャレンジ説明会のご案内

企業を取り巻く環境変化のスピードが年々速まっている中、急速な環境変化に対応するだけでなく環境変化を先取りして、変革し続けなければ企業の持続的な成長は不可能であることは言うまでもありません。そのため、企業の変革を推進できる人材を育成することは恒常的な課題と言えるでしょう。

企業を変革していくには4つの能力が必要と考えます。

①多様な利害関係者を牽引しながら変革を断行する強い「リーダーシップ」
②適切な変革方向を示し、変革実現のための方法を見出す「思考力」
③企業の変革を阻害する様々な障壁に立ち向かい打開・突破する「行動力」
④目的に向かって失敗や反対意見に屈することなく諦めずに挑み続ける強い「意志」

今回ご紹介する“「意・思・発・行」変革チャレンジ”は、この4つの能力を向上するため、実際のプロジェクト(実務)を通して、企業の変革に向けて、自身の「意識・思考・発言・行動」の変革を促すことを狙っています。また、研修による学習成果に加えて、プロジェクトの完遂による経営成果を実現することにもつながります。

「変革に向けての従業員の意識が不足している」、「変革のための考え方や知識は知っているが、実際の変革が行われない」、「カタチだけの研修になってしまい実務に活かされない」等の課題をお持ちの方は、是非ご参加ください。

詳しくはこちら
実務連動型「意・思・発・行」変革チャレンジ説明会

サブコンテンツ