コラムcolumn

5分でわかるビジネストレンドワード

不確実な時代を生き抜く「OODAループ」の考え方

社会環境が複雑化し、想定外のことが起こることから「VUCA」と呼ばれる現代において、「OODAループ」という思考法が注目されています。PDCAと比較されることもありますが、どちらが優れているかということではなく、異なる思考法の一つです。ここでは、「OODAループ」の考え方について紹介します。

OODAループ

「OODAループ」とはなにか

OODA(ウーダ)ループとは、Observe(観察)、Orient(状況判断、方向づけ)、Decide(意思決定)、Action(行動)の頭文字からできた言葉です。もともとは、航空戦に挑むパイロットの意思決定のためのプロセスとして発明されたもの。航空戦では上司の命令を待たずして、自らの意思で判断・行動する必要があるところから生まれた概念で、そのときの行動の流れを形にすることで「OODAループ」という思考法が生まれました。

ビジネスシーンにおいてのOODAループは、想定外のことが起こるVUCA時代の中で、柔軟かつ迅速な意思決定をするための思考法として注目されています。また昨今では人間の知的作業を自動化するAIの登場やSNSの発達により、リアルタイムで情報を収集できる時代になりましたが、その情報を人間の想像力と思考力で補い、瞬時に行動していくためにも役立つのがこのOODAループの思考法です。

PDCAとの違い・使い分け

OODAループは、フレームワークの思考法としてPDCAと比較されることが多いようですが、厳密にいうとこの2つは異なる思考法です。それぞれがどのようなビジネスシーンで使われるか、違いを見てみましょう。

PDCAは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字からできた言葉です。計画を立てる→実行する→計画を達成できたかチェック→評価を見て、次の計画へつなげていくというように、改善しながらサイクルを回し、続けていきます。

PDCAが生きる局面は、すでに世の中にあるサービスや計画が起点となっている場合です。工場での作業のような場合に適していると言われており、製造業の生産管理や品質管理などの管理業務として普及しています。

PDCAは「計画」が要であるため、流動性の高く、計画通りに進まないビジネスには適していません。また、イノベーションが起きることも想定されていません。

一方、OODAは新しい商品やサービスを開発するビジネスに適しています。こうしたビジネスは、綿密に計画を立てたとしても、先の読めない状況の中では計画通り進めることが難しく、想定外のことに対して臨機応変に対応することが求められるからです。

OODAループの手順

では、OODAループで考える手順を見ていきましょう。

Observe(観察)

OODAループは、市場や顧客、競合などの状況を観察することから始まります。客観的に事実から「生のデータ」を収集します。

Orient(状況判断、方向づけ)

Observe(観察)で入手したデータを分析し、状況を判断し、今度の戦略の方向性を定めます。

Decide(意思決定)

Orient(状況判断、方向づけ)で決めた方向性を行動レベルまでに落とし込むための意思決定を行います。複数の選択肢から最も効果的だと思われるものに決定します。

Action(行動)

Decide(意思決定)で決めたことを行動に起こしていきます。

ここからはPDCAサイクルと同様に、Observe→Orient→Decide→ActionのOODAループを何度も繰り返し、精度を高めていきます。

OODAループを実践する際の課題

OODAループを実践するにあたっては、以下のようなことがらが課題になっているケースが多いようです。

1 メンバー個々の自律性

OODAループを導入しても簡単に機能するものではありません。柔軟で臨機応変な対応が求められるため、メンバー個々の自律性が必要です。個々に求められる裁量が大きい分、メンバーがその裁量を行使できるだけの判断力持っていないと難しいでしょう。

2 組織規模

とくに大企業にとってはOODAループの導入自体が課題となっていることがあります。各人が自律性を発揮するということは、統制が難しいということでもあり、組織規模が大きければ大きいほどその点がデメリットになりうるというわけです。

そのようなデメリットに目を向け始めると「OODAループを導入したらむしろ意思決定が遅くなるのでは」というマイナス面への意識が先行してしまい、「うちでOODAループを実践できると思えない」という考え方が組織全体に浸透してしまうのかもしれません。OODAを取り入れて意思決定のスピードを上げるべきという危機感はありつつも、「できない」と結論づけられるという結果になってしまうのです。

では、これらの課題をクリアしてOODAを導入するためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

まず、メンバー個々の自律性については、現場をまとめるリーダーがサーバント・リーダー(相手に奉仕し、その後に相手を導くタイプのリーダー。支援型リーダー)を目指すのも一つの方法です。リーダーがメンバーを信頼し、権限委譲を行っていくことで、個々の自律性が育ち、自律型組織へと変化していくことにもつながり得るでしょう。

組織規模については、たとえばオフィシャルでないPJTチームなどの小さな組織を作り、まずはその中だけでOODAループにトライしてみるのもよいでしょう。小さな成功体験を作っていくことから始めてみようというわけです。

まとめ

OODAループを実行するのには難しさもありますが、今後ますます不確実性が増し、変化していく世界を生き抜くためには、これまでの思考法を見直してみることも大切です。

今後のビジネスにおいてAIやSNSの果たす役割はますます大きくなっていくと言われています。そしてそれらは、人間の判断力が加わることでより大きな活用効果を発揮します。日本企業がグローバルな市場で競争優位性を構築するためには、データをもとにした迅速な判断と行動で軌道修正をし続け、事業のスピードと成功確率を高めていくことが重要であり、OODAループはそのための有効な手段といえるのではないでしょうか。 

●関連情報

コロナ後の環境“激”変化を生き抜く
「シナリオプランニング」ワークショップ

【コラム】5分でわかるビジネストレンドワード/
「デザイン思考」とは?概要・学び方・社内浸透の方法は?