コラムcolumn

今どき研修テーマ&メソッド図鑑

ロールプレイ学習とは何か?代表的なタイプと進め方

職場で起こるであろうことを想定して行われるロールプレイ学習は、部下育成のためのコーチング技術や営業・接客の技術を学んだり、個人の課題を明確にしたりとさまざまな研修の中で活用されています。そんなロールプレイ学習のメリットや、効果を高めるためのポイントをお伝えします。

男性がロールプレイ学習をしている

ロールプレイ学習とは何か

ロールプレイはロール(role)「役割」とプレイ(play)「演じる」を組み合わせた言葉です。営業や接客業の方は馴染み深い言葉だと思いますが、「ロープレ」とも呼ばれています。実際の現場や場面を想定して、そこに出てくる登場人物の役割を演じ、擬似体験の中でスキルを身につけ、高める学習方法です。また、自らの対応や発言を通して、傾向や課題を明確にし、改善につなげることができます。

ロールプレイ学習の代表的なタイプと進め方

ロールプレイ学習にもいくつかのタイプがあり、進め方も多様です。ここではその代表的なものをご紹介しましょう。

ロールプレイ学習のタイプ

ケース型ロールプレイング

特定の場面を想定して行うもので、年齢・役職・性格などの条件まで決めて行うこともあります。最もよく活用される型です。あらかじめ、「部下との目標面談」や「最終プレゼン」のようにシチュエーションを指定して行うこともあります。

リアル型(問題解決型)ロールプレイング

実際に起きていることや過去に起きた問題をテーマにして行います。スキル習得だけでなく、問題が起きた際に現場でそのまま役立てることもできます。どのように対応したかを協議し「ケーススタディ」として研修で活用することもできます。

ロールプレイ学習の進め方

グループロールプレイング

グループごとに分かれて行います。それぞれが違う役割を演じ、役割を変えながら繰り返し実施します。誰もが主体的に参加でき、それぞれの立場に立つことができるため、考え方の視野が広がります。

受講人数が多い研修では1対1、1対2と少ないグループを作り、全員が同時に実施することもあります。全員が実際に体験できることがメリットです。ケース型やリアル型ロールプレイングにもグループロールプレイングを活用できます。

モデリング型ロールプレイング

代表者が前に出て、ロールプレイングを行います。見ている人にイメージを共有したり、全員を同じスタンスに立たせたい時に使用される手法です。個別のロールプレイングを行う前に見本のような意味合いで行うこともあります。

どんな効果があるか?ロールプレイ学習のメリット

ロールプレイのメリットには以下のような点があります。

限られた時間の中で効率的に学ぶことができる

OJTにより現場でスキルを習得することもできますが、必ずしも体験したいことや問題が起こるわけではありません。ロールプレイは目的に応じて意図的に場面を設定することができるため、限られた時間の中で効率的にスキルを習得できます。

アウトプットすることで学習効果が向上する

人から話を聞いたり、、本を読んだりして知識や理論をインプットしているだけでは身につきません。ロールプレイを通じてアウトプットすることで、学習効果が向上します。

フィードバックを受けることができる

実際に人前で演じてみることで、まわりのさまざまな役割の方からのフィードバックを受けることができます。悪い点だけではなく、自分では気づくことができなかった良い点なども教えてもらうことができます。これにより、各個人固有の課題が具体的に見えてきます。

本番ではないところで特定の場面に慣れ、メンタルを鍛えることができる

初対面の人と話すことや、経験の少ない場面に対して緊張する方もいるでしょう。ロールプレイで伝え方を訓練し、慣れておくことでメンタルも鍛えられます。

自分のスキルアップだけではなく他者理解の効果もある

ロールプレイは、一人ではなく複数人で行います。自分のスキル向上だけでなく、他者の対応や話し方を知ることで、相手の考え方など他者を理解することもできます。外部への対応の強化だけでなく、社内・チームの中での関係性の強化にも役立てることもできるのです。

成功している人のノウハウや手法を学ぶことができる

実績を上げている人のロールプレイの中でトークや振る舞いを見ることで、自分との違いや成功している手法を学ぶことができます。

ロールプレイを進める際のポイント

ロールプレイを効果的なものにするためには次のようなポイントが考えられます。動画として記録しておくと、身振り・手振り・話し方などを振り返りながらフィードバックをすることができるでしょう。

役割を明確にする

同期同士など馴れ合いの状態で行ってしまうと効果が薄れる可能性があります。営業役・顧客役・オブザーバーなど役割を明確にして進めるとよいでしょう。見られているから恥ずかしいという気持ちが出てくることもあるかもしれませんが、その役割になり切って本気で取り組む姿勢が大切です。

目的やテーマを具体的かつ現実的なものに設定する

現実に起こりうる場面を想定してテーマを決めましょう。このロールプレイで何を学びたいのか、目的をしっかり定めます。極端な例ばかり設定すると、現場に役に立たないということにもなりかねません。

評価のポイントを明確にしてフィードバックする

ロールプレイではこのフィードバックが重要な部分となります。抽象的なフィードバックは改善に繋がりにくいため、評価のポイントを明確にして具体的なフィードバックが行えるようにします。フィードバックシートを作成しておくと良いでしょう。

このようにロールプレイ学習は、うまく実施すれば幅広いスキルを身につけることができる研修方法です。本番のように場を作り、真剣に取り組むことが重要です。効果をあげるためにも、ぜひ上記で紹介したようなポイントを取り入れてみてください。

●関連情報

「1on1ミーティング」に学ぶ、効果的な フィードバック実践

ティーチング・コーチング実践習得