コラムcolumn

今どき研修テーマ&メソッド図鑑

「チームビルディング」とは何か?

コロナ禍でリモートワークが進み、あまり会社に出社していないためチームで直接顔を合わせることが少なくなったという組織もあるでしょう。その中で上がってくるのが「チームづくり」が難しくなっているという声です。
企業を取り巻く環境が変化している中で生産性向上新しいチャレンジが求められますが、コミュニケーションが取りづらかったり、意識合わせがうまくできなかったりして、組織が望ましい状態でなくなるという問題も発生します。そこで今あらためて注目されているのが、チームの力を最大限に発揮させることを目標とした「チームビルディング」です。

チームビルディング

チームビルディングとは何か?

チームビルディングとは、異なる価値観を持つメンバーが多様性を発揮し、協力し合いながら、共通のゴールの達成に向かうようにする組織づくりのための取組みです。チームビルディングは日本語では「チームを作る(構築する)」という意味で、メンバー相互が理解すること、組織のビジョンを共有し活動することとなります。1人の能力では達成できないことをチームで取り組むことで実現していきます。

また、チームの関係性と状態をより良くするために開発された研修や手法自体を「チームビルディング」と呼ぶこともあります。組織の結束力を高めたり、体験の共有をしたりするためのオフサイトミーティングや研修、その中にはアクティビティと呼ばれる参加者全員が身体を動かして体験する課題解決活動もあります。仕事以外のイベントでチームの親睦を深めること、登山、ロッククライミング、キャンプ、料理、ものづくりなど、共通体験から得られる効果を用いてねらいを達成させることもあります。

チームビルディングで得られるメリットは何か?

チームビルディングに取り組むことによって得られるメリットには、次のようなことがあります。

①コミュニケーションが活発になる

チームの問題の一つにコミュニケーション不足がありますが、共通のゴール・目標に向かうプロセスについて意見やアイデアを交わすことで、コミュニケーションが活発になります。メンバー間の「報・連・相」が増えることもメリットです。

②関係性の変化が起こる

チーム内のメンバーの価値観や考え方を理解できるようになることで、メンバー同士が認め合い、サポートできるようになります。また、ゴールを共有しそれを一緒に達成しようとすることによる一体感も形成されます。

③マインドセット、モチベーション向上

チームの力を最大限に発揮するには、メンバー一人ひとりの力を最大限に発揮することが必要です。チームビルディングの中で、それぞれのメンバーの中で「チームで目標を達成したい」「チームに貢献したい」という気持ちが生まれ、マインドセットが形成されます。さらに、チーム内での自分自身の役割を実感することは仕事におけるモチベーションの向上に繋がります。

④新しいアイデアが生まれる

チーム内での心理的安全性が確保されることにより、自分の意見を発言しやすくなります。そこで、一人の意見が他のチームメンバーの意見と融合し、これまでに考えつかなかったような新しいアイデアが生まれます。

●チームの5つの段階
チームは、できた時期や状態によって5つの段階があります。

形成期
チームができたばかりの頃です。メンバー同士の理解が不十分なため、お互いを理解することを目的とします。

混乱期
チームの目標が決まり、チームとして動き出した頃です。メンバーがそれぞれの考えや価値観で動くため、チーム内での対立が起こりやすくなります。チームが抱える課題を見つけないといけません。

統一期
お互いの意見を出し合うことで、お互いの考え方や価値観を理解することができ、チームがまとまっていく時期です。統一感が出てきます。ここからは個人の個性をいかすために役割分担、チームの目標設定が必要です、

機能期
メンバーが一人一人の役割を果たすことで、チームの成果が出てきます。自分のことだけでなく、メンバー同士のフォローも行われます。さらにチームワークを高めていく必要があります。

散会期
プロジェクトの解散やメンバーの移動でチームが解散する時期です。それぞれが解散を惜しむような反応であれば良いチームだったと言えるでしょう。

このようにチームを成長させていくために、企業組織内の各階層に来たいされる力を身につけていくことも重要です。

階層別、チームビルディングで身につけるべきこと

チームビルディング研修はあらゆる立場や役職の人に有効ですが、それぞれの役割に合った文脈で取り入れることが必要です。

内定者・新入社員・若手社員
社会人としてのスキル・マインドセットの形成のために活用できます。「社会人として主体性が必要なこと」「なぜコミュニケーションが必要なのか」など、組織におけるメンバーとして求められる意識や行動を参加者と一緒に学ぶことができます。

中堅社員・チームリーダー
自分の成果だけでなく、リーダーとなりチームで成果を上げていくことを求められる時期です。管理職と現場の橋渡し役として、チーム全体の目標を達成するための組織づくりやメンバーへの働きかけ方を学んでいきます。また、将来会社を担う管理職候補として、マネジメントの補佐としての力をつけることも目的となります。

管理職
ミドルマネジメント層には、経営層の意思をメンバーに伝え、実行させる役割があり、部下の育成も目的とされます。チームビルディングを通じて、部門の壁を取り払い、組織が連携して目標を達成するための体制作りが学べます。

経営層
経営層同士、そして全社に対するビジョン共有が問われます。経営ビジョンを発信・共有し、一体となって組織運営するための力を磨きます。

効果を最大化するためにはどんなことが必要か

チームビルディングがうまく機能するためには、単に一緒にアクティビティに取り組むだけでは十分ではありません。重要なのは、心理的安全性の感じられる場をつくり、メンバー同士の信頼関係を作ること。また、組織のビジョンと個人のビジョンが結びついていることも欠かせません。こうしたポイントを踏まえた上でチームビルディングに取り組めば、各メンバーからより主体的な関わりを引き出すことができるでしょう。

●関連情報

オンラインで学ぶ「チームビルディングスキル向上研修」

エンゲージメント向上

目標達成のためのハイパフォーマンスチームのつくり方