経営者に必要な人間力 日本ハムキャリアコンサルティングインタビューVol.2

経営幹部育成を目的に、様々な施策を実施されているニッポンハムグループ。日本能率協会(JMA)はその一つである部長層向けの「経営セミナー」をご支援させていただいています。経営幹部育成をスタートさせた経緯や、経営者に必要な力、今後の展望について、ニッポンハムグループの教育研修をとりまとめている日本ハムキャリアコンサルティングの代表取締役 今村圭史様にお話を伺いました。聞き手はJMAの水沼勉です。(本文中敬称略)

経営者に必要な人間力

(水沼)
経営セミナーは、どのような内容なのでしょうか?

(今村)
経営セミナーは1年間かけてグループの経営陣へ提言をする、というプログラムです。
前半はアカウンティングやファイナンス、ビジネスモデル等の経営知識のインプットと、人間力・リベラルアーツといったテーマについて考えていく内容です。後半は、前半でインプットした知識や考え方を活かして、経営陣に向けた提言をグループで作り上げていきます。

(水沼)
JMAが永らく支援をさせていただいていますが、毎年ブラッシュアップしながら内容や進め方を変えていっています。今村さんが重視するのはどのような点ですか?

(今村)
私は、経営者になるためには人間力がとても重要だと思っています。そういう意味でリベラルアーツなどを扱う比重をもう少し上げていきたいなと考えています。というのも、経営知識等は極端な話、自分で分からなくても部下に担ってもらい、経営者はそれを基に決断すれば良い、決断する力こそが肝要だと考えています。

その判断をする人間として、まずは組織を束ね、活性化する。というときに、人間力が大切だと考えています。私は人間的な魅力がある人が上に就かないと、結局部下は動かないような気がしています。もちろん経営の基礎知識も大切ですが。

また、セミナーの中の仕掛けの一つで、私が良いと思っているのは、多面観察です。上司や部下、同僚が、被評価者(受講生)をどう思っているかが分かるというのは、非常に大きな気づきと刺激になっています。

(水沼)
今、人間力が大事だというお話をいただき、僕も非常に共感するのですが、今村さんにとって、人間力のある人、人間的魅力がある人とはどんな人ですか。

(今村)
難しい質問ですが、最終的に責任を取れる人が、部下がついていく人だなと感じています。
細かい指示ができる・できないなどは置いておいて、最終的にはエンパワーメントしてくれて、部下が働きやすいように調整してくれる人。そして、進む方向の大きな舵取り、「こうやるぞ」というのを決めてくれる。僕としては一番大切なのは人間的な魅力、部下がついてこられるような人が「人間力がある人」だと思っています。
言葉にできないけれど、この人の為に頑張ろうとか、ついていきたい、思わせる人がベストだと思います。
また、何かあったときに、素直に「失敗しました」や「申し訳ございません」などが素直に言える。そういう経営者のほうが、人間味があって良いのではないかと考えています。特に役職が上の人は、自分がやったほうが早いというような感覚はあるのでしょうが、皆の成長の為にそれを我慢する。結局1人でできないのですから。

(水沼)
多面観察の話がありましが、毎年、結果を受講者にフィードバックした際、ショックを受けている方も多いですよね。

(今村)
そうですね。それは自分が「できている」と思っていたことが、意外に部下には「できていませんよ」という評価をされるからだと思います。ある程度の役職になれば、マネジメントの勉強や経験もしてきているので、受講生はある程度の自信を持っているのでしょうが、多面観察の結果から、「実はできていませんよ」ということを客観的に指摘されてしまう。

そこに驚きショックを受けていますが、フィードバックセッションで、結果をじっくりと読み込み、自分の課題を考える時間を取っていますので、ショックだけで終わらずに、良い気づきに繋がっていると思います。上司から面接で「あなたはできていないよ」と10回指導されるより、その多面観察ワイパーの結果を見たほうが、一発で心に響くと思います。

(水沼)
毎年、研修の実施→結果報告→改善というサイクルを回していますが、一番苦労するのはどのあたりでしょうか?

(今村)
研修の細かい内容については、時流によって変えていきます。そこはとてもスムーズに貴会と連携して実施できています。ただし、後半に行う経営陣への提言については、実際の経営にインパクトを与えていないことは、課題と捉えています。

過去に提言の一部が中期経営計画に採用されたこともあるのですが、多くは実際の経営に影響を与えていない、という現実があります。研修に参加して、提言を行った人たちの中には、その提言を頑張って実行したいと思っている人もいます。
今後は提言を、実際の経営にインパクトを与えられるものにできるよう、仕組みや仕掛けを事務局として改善していきたいと考えています。
その改善策の1つとして、今年は経営企画部が研修プログラムの中にしっかり入ってセッションの時間を持ちます。現在進行中の中期経営計画と、10年先の最終経営提言の整合性をとる為です。

(水沼)
提言に関して、こういうテーマやこういう内容の提言をしてくれたら良いなという今村さんの理想はありますか。

(今村)
難易度は高いと思いますが。私たちはグループ経営をしていますので、自分の事業部や自分の会社のことではない、全社的な提言を期待しています。それには先ほど言った中期経営計画を踏まえたものである必要があります。そのうえで、今までの仕事の延長線上のではない提案やアイデアの着想などがあると良いと考えています。
その為にはこの経営セミナーだけではなくて、実は主任、係長のもう少し頭の柔らかい世代から、アイデア着想等を鍛える必要があるかもしれません。階層別の研修などで、基礎的なアイデア発想の勉強をもう少し積んでも良いかもしれません。
最初に戻りますが、本来会社が小さいときは、全て自分で考えて、自分で決断して、自分で回していっていたはずですから。

サブコンテンツ