組織風土の変革に向けた取り組み NECフィールディングインタビューVol.1

部長層の研修を始めとして、数々の階層別の社内研修でJMAをご利用いただいているNECフィールディング様。人材育成の前提となる組織風土変革の取り組みや、階層別研修の体系と今後に向けた課題について同社訓練本部長の小林様、同部本部長代理の松岡様にお話を伺いました。聞き手は日本能率協会(JMA)早川和秀、副島一隆です。(本文中敬称略)

組織風土の変革に向けた取り組み

(早川)
最初に、お二人のお仕事の内容からお伺いしたいと思います。現在、どのようなお立場で、どのような仕事をなさっていますか。

(小林)
2019年4月に訓練本部長に着任しました。
訓練本部は全社事業戦略の遂行・達成ができる人材を育成するため、全社人材育成方針の策定から役割に応じた研修体系の構想と、具体的な研修内容を企画して実施しています。
社員一人ひとりが今求められている役割を果たし、将来自分のキャリアをどう積み上げていくか、合わせて、モチベーションの維持向上の仕組み構築が訓練本部のミッションです。

(松岡)
2013年に人事部より訓練本部に異動し、6年目になります。
当初は、マネージャーとして、階層別研修やヒューマン系教育を主に担当していましたが、現在は本部長代理として全社の人材育成全般に関わっています。個々の研修については約50名の担当者に任せていますが、2016年から本格的にスタートさせた管理職向けの研修については、私自身も担当しております。

(早川)
それではまず、教育体系についてご説明いただけますか。

(小林)
本年度の教育の大きな柱としては3つで、人材教育と営業教育、技術教育です。
人材教育の中心である階層別研修では、トップマネジメント層、部長層、課長層の研修などそれぞれの立場に応じたカリキュラムを組んでいます。管理職ではない主任や担当クラスの研修も年間を通じて実施しています。

(早川)
経営トップからは、教育に対してどのような期待がありますか。

(小林)
当社はNECグループ会社として、これまでICTサポートサービスを主な事業領域としてきましたが、最近ではIT以外の領域にビジネスを拡大しています。また、NECからの受託だけでなく、私たち自身で新しい事業を創出する取り組みも進めています。時代の流れとともに仕事のやり方や事業そのものを変えていく必要があり、そのためには企業風土・文化も変えていかなければなりません。
また、本年度は中期計画の最終年度になりますので、これまで進めてきた改革を確実に成果に結びつけることが求められます。そのためには、教育も今までと同じやり方ではなく、様々な部分を変革しようと計画しています。特にマネジメントや組織力の強化が経営トップから期待されている部分です。
会社としての風土や文化を変えていくためには、個人の意識や行動から変えていく必要があります。この企業風土・文化を変える全社の取り組みを「ReStyle」と呼び、我々も育成テーマの一つに掲げて活動しています。

(副島)
どういう意識や風土に変えようとしているのですか。

(小林)
まず、私たちがどう変わっていきたいかというと、「自分で考え行動する」「失敗を恐れず自らの目標に挑戦する」「チームメンバーを信頼し連携する」という思考・行動です。

(副島)
それは社員のみなさんで議論したなかから出たことですか。

(小林)
そうです。そして、このありたい姿に向けて会社を変えるにはまず、自分から変わっていかなければならないと考えました。
今後は、一人ひとりが「ありたい姿」に向かって少しでも変わっていくという意識と風土に変えていきたいと思っています。ただし、1人でやるには限界がありますので、チームの仲間を信頼し、一緒に取り組んでいきたいと考えています。そのためには仲間を信頼し、感謝する気持ちを持つことが大切です。
ここから始めていかないと会社を変えることなどできないと考え、活動を進めているところです。

(副島)
意識や風土というものはすぐに変わるものではありませんし、変わったかどうかの判別も容易ではありません。本当に難しいものです。

(小林)
ReStyleは特別な話ではありません。一人ひとりが気づいたことから進んで行動に移すことです。会社から「これをやろう」と提案されたとき、特別に何かをしなければならないと思う人もいるでしょうが、そうではありません。今やっていることを自分で工夫してみたり、何か分からないことがあればいろいろな人に相談したりするところから変えていけばいいのです。

(副島)
具体的な取り組みを教えてください。

(小林)
2017年度下期から、変革へのモチベーションの高いメンバーが集まってディスカッションを始めました。昨年度からはReStyleの運動を全社に広げるため、キーとなるメンバーを中心に動いてもらっています。本音で言い合える環境を作るため、年代別にチームを編成し、各拠点へ出かけて意見交換を重ねています。
例えば、20代のチームが北海道へ行ったとすると、近辺にいる20代の社員を集め、意識や行動を変える仲間を増やす運動を広めていくわけです。同じ年代だと話しやすいでしょう。そうした活動を昨年度、全国に展開しました。今も継続中です。

サブコンテンツ