中堅社員研修新規実施の背景とは? 化学メーカーA社インタビュー(1)

若手・中堅社員研修を導入いただいた化学メーカーA社様。
新人育成期間以降、役職者や管理職手前まで人材育成のイベントがない企業は多くあるのではないでしょうか。
これまで実施されていなかった若手・中堅層への教育に新たに取り組むに至った背景と、期待と成果について、人事グループ長山﨑様にお話を伺いました。
※お客様の希望で、企業名を伏せてインタビューをご紹介させていただきます。

(聞き手:日本能率協会 小板橋一夫)

人材育成上の課題とは?

(小板橋)
本日はありがとうございます。始めに、山崎様の現在のお立場と、役割についてお聞かせください。

(山﨑)
総務人事本部の人事グループに所属しておりまして、立場としては、グループ長をやっております。役割については、採用や教育をはじめとした人事関連全てです。

(小板橋)
御社についてあらためてお聞かせいただきたいのですけれど、社員数は何名ぐらいなのでしょうか。

(山﨑)
単体では、今、730名ぐらいですが、グループ全体だと、海外の現地での契約社員などを含めると2千800名弱です。
ただ、グループ会社の中にも、本社籍で出向している者がおりますので、そういったものを含めると、本体では、プラス200名ぐらいいますので、合わせて930名ぐらいになります。

(小板橋)
社員数が増えていますね。業績も毎年毎年、右肩上がりですからね。

(山﨑)
退職者もいるのですが、ここ数年はコンスタントにまとまった数の新入社員を採用することができています。

(小板橋)
やはり、成長されているなという実感がありますよね。

(山﨑)
最近は中途採用を増やして、総合職のスタッフにおいても、営業強化を図ったりですとか、管理部門に補充したりですとか、そういう傾向が出てきましたので、従業員数も右肩上がりになっているような感じですね。

(小板橋)
今回、JMAに若手中堅社員研修をご依頼いただきました。こちらの研修テーマにつきまして、どんな課題を感じていらっしゃって、どういった背景で研修を企画されたのかというところを、お聞かせいただければと思います。

(山﨑)
そもそも、当社の研修制度は、まず新入社員研修を4月にやって、その後新人フォロー研修があります。しかし、そのあとの公式な研修となると、主任研修まで飛んでしまうのですね。主任研修は、入社8年目になりますので、入社1年目に2つの研修をやりますけれど、そのあとは、もう8年間、何も研修機会がないという状態だったのが事実ですね。私が人事に来てから、もうすでに10何年が経っていますけれど、それ以前からそういうスタイルがずっと続いていたのです。

現場からも、もっと若手を鍛えてほしいという意見も出てきていましたし、人事としてもやっぱりこのままではいけないとは思っていました。そこで、若手・中堅層を対象とした教育ができないかと考えていて、2年ぐらい前から構想を練っていたところだったのです。

~つづく1/4~

サブコンテンツ