論理的コミュニケーション力強化

本セミナーのねらい

DAP思考で相手の納得を獲得する

ビジネスにおけるコミュニケーションの本来の
目的を理解したうえで、
 1 論理的コミュニケーションの重要性を認識する。
 2 論理的コミュニケーションの基本原則を理解する。
 3 論理的コミュニケーションを支える思考プロセス(DAP思考)を修得する。
 4 補完する心理的コミュニケーション技法を修得する。
これらを通じ、相手から「論理的納得」と「心理的納得」の双方を獲得し、行動へとつなげていく真のビジネスコミュニケーション力を強化します。
「相手の納得を得るためには、いかに思考し、いかに働きかければよいか?」を考え抜き、身につける実践型セミナーです。

ポイント

■ コミュニケーションの目的
ビジネスにおけるコミュニケーションのゴールは、「相手に自分の意図した通りの行動をしてもらうこと」にあります。
したがって、最終的に行動につながらないようなコミュニケーションはビジネスにおいては意味がありません。
本セミナーでは、相手に行動を起こしてもらうためのコミュニケーション(働きかけ)の技法を身に付けることを主眼とします。

■ 論理的コミュニケーションと論理的思考(DAP思考)
論理的なコミュニケーション(働きかけ)を行うためには、それに先立って論理的に思考することが必要です。
したがって、論理的コミュニケーション力の基盤には、論理的思考力(ロジカルシンキング力)がなければなりません。
本セミナーでは、ロジカルシンキングの思考プロセスを「D(目標の定義)→A(施策の分析)→P(手順の計画)」の三つのステップに体系化した上で、
各種の思考技法の実践的な適用方法を解説します。

■ 論理的納得と心理的納得
コミュニケーションの相手や状況によっては、論理性を追求するだけでは最終的な納得が得られず、逆に相手から反発が生じる場合もあります。
したがって、論理的コミュニケーションは心理的納得性を実現するための技法によって補完されることが望ましく、本セミナーではそのような技法のうちの主要なものを学習します。

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

1日目 9:30~17:00
■1 ビジネスにおけるコミュニケーションの目的
(1)ビジネスにおけるコミュニケーションでは「働きかけ」が最も重要である
  ・コミュニケーションの目的=理解?
  ・ビジネスにおけるコミュニケーションのゴール=行動!
  ・「働きかけ」によって行動を引き起こす
  ・組織内での働きかけ(たとえば、上司、部下、経営者)
  ・組織外での働きかけ(たとえば、顧客、取引先、監督官庁)
(2)自らの意図を相手に「同意」してもらい、「実現」してもらう

■2 論理的コミュニケーションの基本原則
(1)働きかけには「納得性」と「具体性」が伴わなければならない
(2)納得には二種類ある
  ・「論理的納得」と「心理的納得」
  ・論理的納得の普遍性
  ・ビジネスにおける説明責任
(3)論理的納得をいかにして獲得するか?
  ・行動には目標がある
  ・「目標に対する納得」と「行動選択に対する納得」
(4)「働きかける」前にまず論理的に「考える」
グループ演習
【内 容】これまでに上司から受けた指示を振り返って、「良い指示(働きかけ)」「悪い指示(働きかけ)」の条件を整理する。
【ねらい】コミュニケーション(働きかけ)が成功するための条件に気づく。

■3 論理的コミュニケーションを支えるDAP思考
3-1 全体概要
(1)Why(なぜ行うか?)とWhat(何を行うか?)とHow(いかに行うか?)
(2)三つのステップで考える
 ・D(Define) :目標を定義する
 ・A(Analyze):施策を分析する
 ・P(Plan)  :実行を計画する
(3)「拡散」と「収束」を繰り返す
 ・拡散:モレなくダブリなくリストアップする
 ・収束:根拠や論拠によって絞り込む
個人演習
【内 容】自らの顧客(外部顧客又は内部顧客)に対する新しい商品・サービスを考案し、経営層に提案するロールプレイを行う。
【ねらい】論理的納得を獲得するための条件を築く。

3-2 Dステップの思考技法
(1)目標には三つの要素がある
 ・対象(事業、製品・サービス、業務、人‥‥)
 ・特性(売上・利益・コスト、品質特性、効率、能力‥‥)
 ・到達水準(数値目標、成果物)
(2)S(Specific)M(Measurable)A(Attainable &Ambitious)R(Relevant)T(Time-bound)原則
(3)「目標」と「課題」と「問題」
(4)大きな目標(課題)を個別目標(課題)へと分解する
 ・課題系統図(イシューツリー)

2日目 9:30~17:00
3-2 Dステップの思考技法(続き)
(5)根拠と論拠によって個別目標(課題)を絞り込む
(6)目標を相手と共有する
 ・「目標の体系」の理解
 ・WIN-WIN関係の実現
個人演習
【内 容】自らの業務における課題を課題系統図で分解する。その上で、最重要課題を特定し、SMART原則に則った目標を定義する。
【ねらい】「目標の定義」における思考技法の適用方法を理解する。

3-3 Aステップの思考技法
(1)最適な施策をいかにして立案するか?
 ・方策系統図(How ツリー)
(2)要因を究明した上で施策へと進む
 ・「対象の特性」に影響を与える要因
 ・要因系統図(Why ツリー)
 ・3種類の要因(誘発要因、阻害要因、促進要因)
 ・要因の分類枠(フレームワーク)の活用
(3)要因と施策を絞り込む
 ・因果関係(特性と要因の関係)の把握
 ・演繹・帰納・類推と仮説検証法(仮説思考)
 ・制約条件(時間・資源)や副作用を考慮した総合評価
個人演習
【内 容】先の個人演習で定義した目標の実現にとって重要な要因を、要因系統図を用いてリストアップする。
その上で、最重要の要因を最適化するための施策を立案する。
【ねらい】「施策の分析」における思考技法の適用方法を理解する。

3-4 Pステップの思考技法
(1)施策を実施するために必要な作業をリストアップする
 ・WBS(作業分解図)
(2)時間軸上に展開する
 ・作業ネットワーク図とクリティカルパス
 ・マイルストーンスケジュール

■4 心理的納得を獲得するコミュニケーション技法
(1)心理的納得をいかにして獲得するか?
 ・納得への障害を取り除く「地均し」
 ・納得を深める「巻き込み」
(2)相手に合わせることで「地均し」を行う
 ・ペースに合わせる(ペーシング)
 ・心理的特性(自我状態)に合わせる
 ・成熟度に合わせる
(3)三段階で「巻き込み」を深める
 ・高次の欲求の充足
 ・参加・帰属 → 関与 → 主導

■5 具体的なビジネス場面での実践
(1)組織内での働きかけ
 ・上司や経営層に対する上申(開発提案、改善提案‥‥)
 ・部下に対する指示
(2)組織外での働きかけ
 ・顧客に対する提案
サンプル解説
いくつかのビジネス場面で使用できる企画書やプレゼンテーションシナリオのサンプルを用意し、その使用法を解説する。

対象

・社内外の人とのコミュニケーションを、より有効なものにレベルアップさせたい方
・お客様が満足して採用してくれるような提案をしたいとお考えの方々
・自分がして欲しい行動を納得して行うように部下を導きたいとお考えの方々
・経営層や上司に評価される説得力のある企画を作成したいとお考えの方々
・取引先と目標を共有し、その目標に向かって協働していきたいとお考えの方々

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
ページトップへ戻る