リーダーと管理職のための「聞く力」強化

本セミナーのねらい

現代のビジネスの成否を決める一つに、“情報”があります。
情報の入手の中で最も基本的な方法は、日頃のコミュニケーションで行われる“人からの情報収集”です。
「聞く」行為は、「話す」行為と同様、コミュニケーションの基本ですが、話し方と同様、聞き方にもコツがあります。
本セミナーでは、『相手との信頼関係を築いたり、必要な情報を得たり、真意を把握したり、相手の行動を促したり』といった、良質なインプットを作り出す「聞く力」を強化します。「聞き方」のプロフェッショナルであるコンサルタント達が駆使する、プロファイリングやバックトラッキングなど、実践的な「聞き方」のノウハウなども学べます。

ポイント

  • なぜ“聞く”のが上手くいかないのか、その原因を把握し、相手の真意を汲み取る聞き方や、積極的に情報を収集する方法などを学びます。
  • 具体的には、信頼を得るための「聞く力」、検証するための「聴く力」、相手の行動を促す「訊く力」の3つを同時に学びます。

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

1日(10:00~17:00)
1.3つの聞く力とは
  ・「聞く」、「聴く」、「訊く」の違いと特徴
  ・3つの「聞く」力診断

2.「 聞く」テクニック
  ・相手に「話したい」と思わせる技術、“アクティブリスニング”とは
  【演習】相手との距離を縮める聞き方

3.「 聴く」テクニック
  ・必要な情報を収集し、検証する
  ・“仮説思考”とは
  【演習】顧客のリピート率を高める施策立案
  ・3×3のマトリクスで考える“検証”のための聴き方
  【演習】真意を明確化させる質問の仕方

4.「 訊く」テクニック
  ・人や組織を「動かす」「変える」チェンジクエスチョン
  ・提案でやる気を引き出す訊き方、メンバー・部下の行動を促す訊き方

5.ビジネスシーン別の聞き方
  ・会議でのファシリテーションにおける聞き方
  ・プレゼンテーションにおける聞き方
  ・部下・メンバーのコミットメントを引き出す聞き方
  ・ヒヤリングやインタビューでの聞き方

対象

  • 相手の言うことや真意を把握するのが苦手な方
  • 顧客や関係者の要望を聞き、プロジェクトの推進や組織連携をする方
  • 指示通りに作成したつもりが、意図とは違う成果物の作成をしていることが多い方
  • その他営業職の方、社内調整を担う方など
お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
ページトップへ戻る