「英文Eメール」の書き方基礎・演習

本セミナーのねらい

「伝えたいことを的確に表現する」英文Eメールのライティング・スキルを学ぶ

英語を書くことへの抵抗をなくし、伝える英語を「シンプル」に「わかりやすく」書くコツをつかんでください。また、技術英語(テクニカルライティング)の基礎を学ぶことで、単なる「定型表現」を覚えるのに留まらず、自らが主体となってEメールが書けるようになります。
海外との企業間取引きが益々盛んになる今日、技術情報を英語でやりとりすることが日常的に求められている技術者や技術スタッフも着実に増加傾向にあります。そんな中、専門用語のやりとりでなんとかその場はしのげても、「伝えたいことをもっと的確に表現したい」 あるいは、「言いたいことが正確に伝わっているかわからない」という悩みをよく耳にします。自社の製品・技術情報を正確に海外に発信することは、これからの技術者にとって必須のスキルとなります。

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

1日 10:00~17:00
【1】技術系英文Eメール作成の基礎
 (1)技術情報を伝えるための構成
 (2)件名、はじまりと終わりの言葉

【2】技術情報をわかりやすく伝えるためのポイント
 (1)技術英語の3つのC
 (2)正確に書くための文法
  ・冠詞のマスター
  ・主語と動詞は英語の要
  ・助動詞で微妙なニュアンス
 (3)英語のスタイル
  ・句読法
  ・箇条書き、パラレリズム
  ・数字や単位の書き方

【3】「伝わる」英文Eメールの基本表現と演習
  ・製品情報の問い合わせ
  ・問い合わせに対する回答
  ・打ち合わせ依頼
  ・問題提起・解決策
  ・進捗の確認
  ・トラブル対応
  ・丁寧表現
  ・社外・社内宛メールの表現の違い

【4】「伝わる」英文Eメールの実践演習
テーマから自由に英文メール文章を書いていただき、伝わる表現のコツを体得していただきます。

対象

Eメールを使って業務を行う技術者・英訳実務担当者、生産部門担当者

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
ページトップへ戻る