若手社員のための図解による課題と思考の整理術

本セミナーのねらい

こんな壁にぶつかってしまったことはありませんか?
 「時間をかけて考えたのに、結局コトが上手く進まない」
 「資料を何度も作り直すハメになり、残業が続いてしまう」
 「自分のアイデアを通したいのに、相手との会話がうまくかみ合わない」…

仕事の経験値を積み重ねていく中で仕事の生産性は高まることも多い一方で、数学や物理の公式や英文法のように、仕事上でつかえる公式やショートカットを覚えることで業務の生産性が飛躍的に伸びることがあります。

その公式やショートカットにあたるのが「図解思考」です。図解の本質を理解することで、仕事の処理速度は何倍にも早くなります。

本セミナーは多忙のなかで脳の汗をかいている若手社員の方が効率よく自分の考えをまとめたり、問題をみつける、コミュニケーション向上のスキルを習得します。

ポイント

  1. 実際によくある仕事上の問題を扱いながら、「図解による課題と思考の整理術」を学習し、翌日から活用できるようになる講座です。
  2. 自己流の「図解の技術」を見直し、ワンランク上の思考の効率化ができます。
  3. 相手に伝わりやすい資料づくりや伝わりやすい話が上手にできるようになります。

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

1日(10:00~17:00)
  1. 「図解」とは何か?
    ・人間の思考回路を知る
    ・言いたいことを図で書いてみる
    ・「伝える」と「伝わる」の違い
    ・図解思考の4パターン
  2. 目の前の課題を図解で整理する
    ・課題解決の基本パターン
    ・正しく現状を把握するために
    ・SWOT分析・3C分析
  3. ひらめきを図解で整理する
    ・アイデア出しの基本ルール:四則演算
    ・新しいアイデアの生み出し方:SCAMPER
    ・ヌケモレをなくす図解思考:MECE
  4. 伝えたいことを図解で整理する
    ・「この資料、何が言いたいの?」を乗り越えるために
    ・相手のタイプをパターン化する:コミュニケーションマトリクス
    ・資料の作成方法をパターン化する:資料をスッキリ、相手に合わせて見せる方法

対象

  • 図解で自分の考えや、問題を整理したり、相手に分かりやすく伝える方法を学びたい若手社員の方
  • 図解を用いた思考方法を身につけたい若手社員の方
  • 今まで分かりやすいビジネス文書や企画書の作り方を学んだことがなく部下や後輩にうまく指導できない方々
お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
ページトップへ戻る