目標達成力向上

カスタマイズ階層別研修 特設ページ ラインナップや導入事例をご覧いただけます

本セミナーのねらい

時間生産性向上を通じて業務目標を効率的に達成する

【1】目標達成力を備えた職場リーダーの育成
職場リーダー(係長・主任職クラス)には、業務上の目標設定を明確に設定することと、目標達成のために、周囲を的確にリードしていくことが求められています。
本コースを通じて、職場における自身の課題を探り、現状レベルに見合うタイムマネジメントや業務分析の手法を学んでいただきます。

【2】「時間生産性」の考え方の修得
「投入時間に対する産出成果」という時間生産性の考え方について、以下の5つの観点から修得します。
(1)本人成果が職場活力の源泉
(2)課題設定の適否が生産性を左右する
(3)職場の現状レベルによって課題を決める
(4)経営成果に直結する時間を拡大する
(5)仕事の作業化を防止する

ポイント

【1】ケーススタディにより目標設定と解決のポイントを理解
自職場の業務目標について、その達成のための道筋を立てるにあたって、そのポイントとなる事柄をケーススタディに取り組むことを通して理解していきます。

【2】タイムマネジメントの基本スキルを理解
課題解決に向けた徹底実践のために必要なタイムマネジメントの7つの基本スキルを理解することができます。
(1)項目列挙力  (2)工数見積力  (3)順序構成力  (4)スポット対応力
(5)スポット低減力 (6)先行計画力  (7)日程遵守力

【3】「目標管理シート」の作成
実際に職場に戻ってから実践するために「SP目標管理シート」を作成し、研修プログラムの効果を実感することができます。

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

1日目(10:00~17:30)
1. 職場リーダーに求められる目標達成力とは
・これからの職場リーダー職(係長・主任職)とは
・目標達成に必要な5つのスキル
■演習:セルフチェックシートによる自己課題探索

2. 時間生産性の考え方と視点
・時間生産性のとらえ方
・職場リーダーにとっての職場生産性向上課題
■演習:セルフチェックシートによる職場課題探索

3. 目標達成活動を高度化する
・目標の描き方~良き目標とは~
・タイムマネジメントの考え方と基本スキル
・無意識の習慣に気づく
■ケーススタディ:『ある職場の一日』
■グループ討論と発表
■演習:「ワンデイレビュー」による自己の活動の振り返り

2日目(10:00~17:00)
4. 業務遂行上の問題解決を前進させる
・問題のつかみ方
・業務改善の考え方と進め方
・業務分析手法
■演習:ケーススタディによる業務改善案の立案

5. 目標管理を実践する
・職場リーダーとしての目標管理
・目標設定上の留意点
・時間生産性のマネジメント
■演習:「目標管理シート」の作成
■企画内容の発表
・相互コメント
・講師コメントおよび全体討論

6. フォローアップのポイントと全体まとめ

対象

係長・主任および職場リーダー

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
ページトップへ戻る