役員のためのM&Aにおけるシナジー評価・創出研修

役員研修特設ページ 導入事例などをご覧いただけます

■関連プログラム 「役員のための経営戦略

本セミナーのねらい

近年の企業戦略、事業戦略策定においては、M&A等といった外部経営資源の活用を前提に考えるケースが多くなってきました。実際にM&Aを検討、推進するプロセスでは、能力補完が期待できる、シナジーが発揮できるといった表現をよく耳にしますが、実のところ十分に検討されていないケースも多く見受けられます。

そのため、M&Aの成功確率は5%程度とも20%とも言われ、非常に低い水準に留まっているのが現状のようです。

本研修では、シナジーとは何かにスポットを当て、シナジー評価やあるべき設計の仕方を学びます。加えて、そのシナジーを実現するために重視されているPMI(Post Merger Integration)についても触れていきます。

本セミナーの特長

経営成果としてシナジーを発揮するために、シナジーを正しく定義し、活かし方を明確にします。

また、シナジー評価の仕方、設計の仕方を学び、M&Aの前後において活用可能なものとなるべく習得を図ります。本研修では、自社の事業間シナジーなどの身近な題材を用い、実際に検討を行っていきます(自社内に題材がない場合は考え方のみを学びます)。
MA

プログラム例

※以下は扱うテーマ例です。具体的なプログラムは、ご要望や経営課題に応じてアレンジが可能です。

■1.M&Aの着眼点
①M&Aが選択されうる場面
②事業的側面からのM&A
③機能的側面からのM&A
■2. シナジーを生み出す
①シナジー効果について
②シナジー効果の累計
-1.プラスのシナジー
-2.マイナスのシナジー
③シナジーの実現に向けて
■3.PMI(Post Merger Integration)について
①PMIとは
②PMIの視点
③PMIの成功に向けて

対象

取締役・執行役員・経営幹部の方々

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
ページトップへ戻る