役員のための財務・会計

役員研修特設ページ 導入事例などをご覧いただけます

■関連プログラム 「役員のためのIR戦略と統合報告書」 「役員のための不正経理対策

本セミナーのねらい

「世界共通言語」の本質的理解と財務戦略

企業会計は、株主をはじめ広く社会に対して企業の状況を説明するための「世界共通言語」となっています。つまり、経営者の責任と義務を明確にする指標の1つとして、経営の中枢に位置づけられるものといえます。したがって、専門職のための技術論ではなく、役員に必須の経営知識として基本をおさえておく必要があります。
本セミナーでは、多様な演習問題やディスカッションを交えて、財務戦略と経営戦略との相関、企業価値創造・経営リスクの考え方、事業投資の意思決定、M&Aに至るまで、財務担当以外の経営幹部でも容易に理解し、活用できる必須知識を提供します。勿論、財務担当幹部に対しても、知識の体系化と財務戦略における有益なツールを提供します。

価値創造経営のための経営財務

■企業会計の基本
・B/S、P/L、C/F
・日本の会計基準、国際会計基準、IFRS

■株主価値創造の考え方
・株主価値とは、価値創造とは
・コーポレート・ガバナンス、内部管理

■企業財務の基本
・キャッシュフロー、IRR・NPV、資金調達
・資本コスト、格付け、投資管理

■経営リスク管理
・経営リスクのトータル管理
・最適資本構成

■価値創造経営の実践
・株主価値創造経営の手法
・M&A、ROE、ROA

プログラム例 ※ご要望に応じてカスタマイズ可能です

【1日目】
0. はじめに(問題提起)
<第1部 財務・会計の基本知識>

1. 簿記の基本
1)複式簿記の基本、仕訳の考え方
【演習】

2. キャッシュフロー
1)キャッシュフローの意義とキャッシュフロー計算書

3. 会計の基本
1)会計基準の意義
2)国際財務報告基準と経営財務
【グループ討議】

<第2部 経営財務の必須知識>
4. 企業理念 -企業存続のための前提条件-
1)経営に必須の企業理念

5. 企業価値向上経営の基本
1)株主価値経営の意義
2)経営財務の基本命題
3)財務の健全性
4)リスクの定義
5)収益性
【演習】

6. 資本のコスト
1)お金(資本)のコスト
2)有利子負債のコスト
3)自己資本のコスト(CAPM)
4)最適資本構成の考え方
5)加重平均資本コスト(WACC)
【演習】

7. 企業価値とは(割引キャッシュフロー法、IRR、NPV)
1)企業価値とはなにか、その決定要因はなにか。
2)株式時価総額とMVA
3)企業価値と割引キャッシュフロー
4)株価理論

名刺交換会

【2日目】
8. リスクの計測とエコノミックキャピタル -エコノミック・プロフィット-
1)リスク管理手法
2)リスク計測の基本的手法
3)バランスシート・リスクの管理
4)資産のリスクと自己資本
5)エコノミック・キャピタルとエコノミック・プロフィット
【演習】

9. では、どうするのか? -部門別ECM(Economic Capital Management)
1)日本企業の経営管理システム
2)部門別エコノミック・キャピタル計算の必要性
3)唯一の経営指標
【演習】

10. ROE経営
1)ROE経営について
2)ROE経営とECM

11. 事業投資
1)事業投資の判断基準
2)投資の基本
3)子会社管理システム

12. M&A
1)M&Aの目的
2)買収価格の算定
3)M&Aへの注意事項
【グループ討議 】

<第3部 知っておきたい財務実務>
13. 金融の基本Ⅰ(資金の移動・日本の金融機関)
1)為替とは
2)銀行・保険会社・証券会社など
【演習】

14. 金融の基本Ⅱ(資本調達)
1)直接金融と間接金融
2)証券化

15. 株式市場
1)取引所と上場
2)日経平均株価と東証株価指数
【演習】

16. デリバティブ
1)デリバティブと企業活動
2)先物取引、先渡し取引、スワップ
3)オプション
【演習】

対象

取締役・執行役員・経営幹部の方々

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
ページトップへ戻る