価値創造プロセスを革新する!~研究・開発・設計・技術部門向け研修プログラム

JMAの研究・開発・設計・技術部門向け研修プログラム体系のねらい

高付加価値製品(模倣困難な製品・価格競争に巻き込まれない製品)の創出を実現するために、

「技術者1人1人がイノベーティブになること」
「開発設計のプロセスが未来起点で革新的なものになっていること」 が求められています。

JMAでは、研究・開発・設計の各機能を磨き、”価値創造プロセスの革新”を進める実践力を磨いていただく
研修プログラム体系を設け、企業内研修としてご提供しています。
各社・各部門の課題と状況に合わせてご活用いただくことが可能です。

対象

開発プロセスの革新を目指す、研究・開発・設計部門の技術者・企画スタッフの方

特徴

企業の技術開発部門の現場で課題解決・革新の支援実績を積んでいるコンサルタントが
事例も紹介しながら実践的なノウハウ・考え方をお伝えします。

プログラムラインナップ

<基礎コース> 各2日間

<応用実践コース> 数日×数回シリーズ(ご提供内容によって数か月にわたります)

企業内カスタマイズ導入事例
新事業開発
開発力強化

電機・電子機器の製品安全技術シリーズ

社内での実施にあたってカスタマイズも可能です。以下の個別プログラムの内容について、詳細はお問い合わせください。

RD体系1

RD体系2

お問合せこちら

サブコンテンツ
ページトップへ戻る