次経塾

『次経塾』JMAソリューションのご支援

Pre
企画準備
※JMAへご発注確定後
●情報提供
企画ご検討の参考として、他社での実施事例や、JMAの経営幹部育成プログラムの内容について情報提供いたします。

●インタビュー(ヒアリング)
◇主に、以下のような項目について伺い、企画に反映します
-JMAに相談いただいた背景等
-経営方針・育成方針と教育実施状況
-経営幹部育成の現状とありたい姿
-本プロジェクトへの要望
-想定している受講者の情報

●企画ディスカッション
◇インタビュー(ヒアリング)でお聞きした情報を基に、JMAからソリューションをご提案します。
◇提案書をベースにディスカッションを行い、ご要望を更に具体化していきます。
◇いただいたご要望に対して、2次提案、3次提案と、必要に応じてディスカッションを重ね、目的・課題にフィットするように様々な角度から研 修の骨格・進め方や講師をご提案し、プランをブラッシュアップします。
●講師との打ち合わせ
◇研修の趣旨や、個別の単位プログラム・セッションのテーマに合わせてご提案した講師とともに、プログラムの具体化を進めます。

◇講師を交えた打ち合わせを行い、プロジェクトの目的・ゴール等を再確認します。

●詳細の設計
◇実施に向けて、主に以下のような項目をご相談しながら決めていきます。
-実施日程
-担当講師
-詳細プログラム(進め方等)
-事前課題の内容
-アンケートの仕様
-契約
On
実施
●モニタリング
◇プロジェクト実施中は、JMAの担当者も頻繁に研修現場に伺い、進捗度合や講師のパフォーマンス、受講者の理解度を客観的な眼で確認していきます。

◇事前に綿密に計画しても、実際に研修を行うと受講者の反応が意図した通りでないこともあります。ゴールを再確認した上で、必要に応じて軌道修正していきます。

◇講師が複数名にわたる場合には研修現場でのクラスの様子をJMA担当者を通じてシェアし、講師陣が同じ認識を持てるよう横串をさしていきます。 
After
フォロー
●振り返り
◇企画段階に設定した目的が達成できたかを、クライアント、JMAの双方で評価します。
◇その際、受講者アンケートや、講師の所感も参考にします。

●ソリューション提案
◇双方の振り返りから課題を抽出し、次回のプロジェクトの価値を更に高める施策や、新たな課題へのソリューションをご提案します。

※一般的なご支援のフローと内容を表記していますが、クライアントの状況に応じて柔軟に対応しています。

経営幹部問合せ

※「次世代経営幹部候補研修」等、ご相談テーマについてご明記ください

サブコンテンツ
ページトップへ戻る