研修担当者として助けられた”サポート”とは 東洋大学インタビューVol.3

JMAでは大学向け職員研修も数多くご支援し、学校職員特有の業務、制度、背景に合わせた研修設計や、講義・教材のご提供に評価をいただいています。

「グローバル化」「ミドルマネジメント育成」など企業とも共通する人材育成課題を背景に、階層別教育体系の整備に取り組まれ、JMAの研修を利用いただいている 東洋大学人事部長の笠原喜明様と人事部人事課主任 坂口綾子様にお話を聞かせていただきました。聞き手はJMA(日本能率協会)山川真貴子です。第2回の内容はこちら

研修担当者として助けられた”サポート”とは

(山川)
今年、小会としては初めて研修でお手伝いをさせていただいたのですが、ほぼ1年間お付き合いさせていただいた中でのご感想といいますか、JMAの良かったところや、もっとこういうことを期待したいというようなところも含めてお伺いできればと思います。

(笠原)
まず、「上級管理職研修」で招いていただいた専門家の先生、実務家の方々に関して言うと、非常に良いチョイスをしていただいたと思っています。面白かったです。
「主任研修」、「課長補佐研修」、「課長研修」については、全員が非常に当たりの柔らかい感じの講師でした。受講者からの評価は皆さん高かったのですが、ガツンとした物言いをする講師が1人ぐらいいても面白い。年次ごとに受けていく研修なので、毎回、ソフトな講師の方の研修を受けるよりは、どこかでお一人、ピリッと背筋の伸びる感じの講師がいても良いかもしれません。

(坂口)
来年度以降もJMAにお願いするとなると、同じ講師で継続ということができるものなのですか?

(山川)
できます。もちろん日程調整はしますが、同じ講師でも、講師を変えてほしいというご要望にも、どちらも対応できます。講師を変えるときは、研修内容に対するご意向を伺いながらプログラムの調整をさせていただいて、ご相談になるかとは思います。

(坂口)
こういうサポートを担当の山川さんからいただけることが、私は担当者としてとても心強かったです。

(山川)
ありがとうございます。評価いただいた”サポート”について、具体的にお聞かせいただけますか?

(坂口)
こちらの要望をすべて聞いていただいて、その要望を講師にきちんと伝えていただくということです。私たちが直接講師とやりとりをしなくても、山川さんはたくさん知識をお持ちなので、講師にスムーズに伝わるというか。

(山川)
事務局の方から講師の方に直接フィードバックとか注文を言うというのは、やりにくいところもあるかもしれないですよね。

(坂口)
先に笠原もお話をしていたように、やはりJMAさんは大学に関する知識がおありで、大学との関係を多く持たれているので、話が伝わりやすいです。それを講師にも噛み砕いてお伝えいただけているんだなと思うところが幾つかありました。

P1030642(山川)
ありがとうございます。 例えばテーマが”ファシリテーション”であれば、ファシリテーションのスキル自体は企業とも共通だと思うのですけど、それをどういう場面でどんな風に使うかという大学ならではの、大学の状況に合わせるというところが、ポイントになるのかなと思います。

(坂口)
一般の教育会社さんだと、もっと細かく説明をしないと伝わらないので、そこはありがたかったサポートかなと思います。

(笠原)
他の教育会社さんですと、営業の方の範疇は営業だけ、研修の内容は講師と詰めてください、というところもありますからね

(坂口)
そうです。実現に向かって、担当の方に一緒に考えていただいたという感じです。

~つづく3/4~

関連ページ 大学職員向け研修プログラム

サブコンテンツ
ページトップへ戻る