小倉クラッチインタビュー Vol.1 経営トップから示された次世代経営者育成への期待

日本で唯一のクラッチ・ブレーキの総合メーカーとして、あらゆる産業分野において、優れたモーションコントロールを実現している小倉クラッチ株式会社。

さらなる海外展開やコア技術を活用した新分野進出を目指す中、これからの経営を支える幹部育成の取り組みについて、同社 経営企画部 経営企画課課長 島倉一晃様にお話を伺いました。
聞き手は日本能率協会 佐藤敦・山根秀樹です。(以下、敬称略。所属お役職はインタビュー当時)

経営トップから示された次世代経営者育成への期待

(佐藤)
今回、小倉クラッチ様の「自創塾」(次世代経営者候補研修)という研修について、私どもにご依頼をいただきありがとうございました。
また島倉課長様には研修の事務局 兼 受講者として、大変お世話になりました。まずは島倉様の現在の社内でのお立場や役割などについてお聞かせ願います。

(島倉)
小倉クラッチ01当社では、新入社員教育は採用の流れから人事課が受け持っているのですが、新人教育が終わったあとの社員教育全般は経営企画課が担当しております。

私が入社した時からすでにそういう体制になっておりましたので、20年以上前から経営企画課が教育を担当しているのだと思います。これは、経営計画や会社の戦略と人材育成を繋げようというところが狙いになっている為です。

(佐藤)
社員教育には、人事制度や人材育成制度といったことも絡んでくるかと思うのですが、そういった部分では人事課との調整などもされているのでしょうか。

(島倉)
教育のテーマや内容によって連携を取るようにしています。
例えば、人事制度を変えますとか、教育制度を変えますという時には、両者で協議をしています。

(佐藤)
現在、御社では何回くらい社内研修を実施されていますか。

(島倉)
階層別研修は毎期10講座前後を開催しています。
その他にも職種別の専門的な研修などがありますので、年間で10数件程を定型で行っていますね。

(佐藤)
今回、私どもにご依頼いただきました「自創塾」という研修は、次世代経営者の育成が中心となった内容でした。そうした研修を取り入れる前に、教育担当のお立場としてはどのような課題を持っていらしたのか、また、その導入の背景などについて教えていただけますでしょうか。

(島倉)
経営企画課が所属する経営管理本部担当の執行役員である河内常務から、次の経営層の育成を考える時期であるということを問題提起されたのが「自創塾」を企画するきっかけとなりました。当社も、役員の年齢が随分上がってきておりますので、次を担う人材を育てていかなくてはいけないという危機感がありました。

そこで、当初は現行の執行役員に対する研修を何か取り入れようと考えていましたが、社長から、「現在の役員は、これまでにいろいろな勉強をし、実績を上げてきている。それよりも今回は、その下の階層である部課長を対象に、10年後の小倉クラッチの経営を支える人たちを教育してくれ」というニーズが示されましたので、そちらへ方向性を変えることになりました。

(佐藤)
社長様から出された指示により、育成の対象が役員ではなく部課長クラスへと変わられたということですが、実際の研修担当者というお立場では、やはり次世代の経営者育成という部分についての課題などを感じておられたということでしょうか。

(島倉)
そうですね。当社の階層別研修は、新任管理職まではしっかりと設定されているのですが、それ以降の階層はバッサリとなくなって手薄になっていましたので、そこに何かしらの手を打たなくてはいけないという意識は以前から持っていました。

JMAに「自創塾」を依頼する際の決め手となったのは?

 (佐藤)
今回ご相談いただいたそもそものきっかけは、日本能率協会(JMA)会員窓口担当が山根に変わってご挨拶にお伺いした時に、次世代経営者の育成について検討されている最中であるというお話をお聞きしたからだと聞いております。 その際には、我々JMAが、以前からこのような研修をやっているということはご存知でしたか?

(島倉)
役員向けの定型的な公開コースをされているといった情報は持っていました。実は今回、JMA以外にも何社か検討はしていたのですが、御社のものが一番バランスが取れていると感じました。

次世代経営者を育成するという研修はこれまでにやったことがありませんでしたし、内容にはインプットもアウトプットも必要だろうとは考えていました。マインドをスタートにして戦略に落とし込んでいくという流れが、非常にバランスよく作られている企画だと思いました

他社さんの場合には、どちらかというとマインド中心の内容のものや、戦略や課題立案という部分にターゲットを置いた内容など偏りがあるように感じました。

(佐藤)
島倉様は「自創塾」の第1期目では事務局 兼 参加者というお立場でしたので、そういった部分では多少なりとも自分の学びたいことをプログラムに反映させたいという意識はお持ちでしたか。

(島倉)
私が参加者に入ったのはあくまでも結果ですので、企画の段階で、自分の学びたいことを入れようという意識はありませんでしたね。

(佐藤)
参加者の人選は、企画のあとだったのですね。

(島倉)
そうですね。研修の企画がまず先にありました。もし自分が参加することが分かっていたら、もうちょっと楽な日程にしましたよ。

今回JMAさんにお願いした理由は、芝浦工業大学の町田先生の影響もありました。
当社のことを知っておられて、経営経験もおありで、そしてそれを受講者に伝えられる先生であるということは、とても大きな魅力でした。

例えば、専門知識が豊富な大学の先生などは大勢いらっしゃいますが、実務の面はご存知ない。一方、実務家の方ですと、専門知識を上手に伝えられない部分があるかもしれない。

専門知識と実務のどちらもきちんとわかっていて、更に小倉クラッチという会社とその業界のことも把握されている方に、ちょうど中間の部分で話をしていただけるということは、かなりインパクトがありました。

(佐藤)
実際に町田先生の講義を受けられた皆さんの反応はいかがでしたか。
講義の内容や元経営者の発想力や考え方などについて、何かしら影響を受けたものはありましたか。

(島倉)
やはり実際にイノベーションを起こされてきた方の言葉でしたので、すごく腑に落ちるといいますか、インパクトがあったというのが大半だったと思います。
しかし一方で、自分はまだ管理職であって経営側ではないと、十分に意識が高まっていない方にとっては、“少しレベルが高すぎる”と感じた部分もあったようです。ただ、実感が持てた部分は多かったように感じています。

~つづく1/4~

経営幹部問合せ

サブコンテンツ
ページトップへ戻る