新日鐵住金ステンレスインタビュー vol.1  主任候補者研修で力を入れている部分は?

新日鐵住金ステンレス 久次光洋さん(人事・総務部 製造・整備人材室長)に、日本能率協会を利用いただき社内で実施されている研修についてお話を伺いました。
聞き手は日本能率協会 伊勢崎健です。(以下、敬称略。お役職はインタビュー当時)

主任候補者研修において力をいれている部分とは?

(伊勢崎)
今のお立場とお役職について、簡単にお話していただければと思います。

(久次)掲載1
製造・整備人材室という所で室長をしています。
製造・整備人材室とは、製造部門の社員の人事的なサポートをする部署です。私は室長として、採用、育成、人員管理の全体総括を行っています。

(伊勢崎)
今日から主任候補者研修が始まりましたが、どのような位置付けで実施しているのでしょうか。

(久次)
主任候補者研修は、主任としてどういう意識を持つべきなのか、どういう行動が必要なのかといった意識をしっかりと醸成する研修という位置付けです。
主任に必要な知識を習得してもらうというのも当然ありますが、意識の部分の育成に力を入れています。

(伊勢崎)
毎年この研修を実施されていますが、成果はいかがでしょうか?

(久次)
 3日間の研修を3ヶ月にまたがって実施していますが、前期の研修の1日目と2日目にJMAさんのリーダーシップ研修を取り入れています。このリーダーシップ研修が研修の一番のメインだと思っています。
講習を受けた社員からは、”リーダーシップ研修が非常に参考になった。もっと早く聞きたかった”という意見が多く出ています。
非常に有効で、役に立っていますので、今後も引き続き受講させて欲しいと思っています。

(伊勢崎)
主任代行は20代の方も多く、人事構成上、常に主任に上げて行かなければならないと伺いましたが、
そういったご苦労がおありなのでしょうか?

(久次)
そうですね。
本当は、主任代行という期間をなくして、然るべき研修を受けた上で主任になるのがベストの形だと思うのですが、世代交代のために若手に主任をやって貰わなくてはなりません。そこで、社内制度に正式な主任に任命できるタイミングではない場合には、主任代行という形にしています。
出来るだけ早く、主任候補者研修を受けてしっかりとした知識と意識を持った人間に、主任業務をやってもらいたいと思っています。

~つづく【1/5】~

サブコンテンツ
ページトップへ戻る