ニュー・オータニインタビュー Vol.4 「わが社を良くするために」を共に考える

「自己表現力強化」「新任主任・係長研修」などのテーマで、JMAの社内研修を数年来実施いたただいた株式会社ニュー・オータニ様。近年は、社内内製化と外部研修活用の両輪で、自社に合った研修体系を模索しながら、さらなる人材育成強化に取り組まれています。
自ら社内講師もお務めになっている経営管理室 人事総務部 能力開発課係長 杉井志帆様にお話を伺い、能力開発の企画者として、また社内講師としての両方の視点で、人材育成についての考え方やチャレンジについてお話いただきました。前回の内容はこちらから

(聞き手:日本能率協会 横田靖信   ※本文中敬称略)

「ホテルニューオータニを良くするために」を共に考える

(横田)
外部教育機関として日本能率協会とお付き合いいただいている理由や、今後こういう所を期待いただいているという点がもしあれば、お聞かせいただけますか?

(杉井)
まず、日本能率協会を選んでいる大きな理由として、私が能力開発課に異動した当時からお付き合いいただいている横田さまのスタンスが『ホテルニューオータニを良くするためには、どんなヒントでも出し惜しみしませんよ』という感じでとてもよかった、という点があります。

ニューオータニ4いろいろなことを教えていただきました。教えていただいたことは、書きとめてとってあります。

公開セミナーをオブザーブさせていただいたり、会ってお話をする目的をとにかく「ホテルニューオータニを良くする」という方向に向けていただいているところが嬉しいです。

(横田)
課題解決をクライアントと共に考えられるのが、この仕事の醍醐味であり、とても自分としてはありがたいことだなと思っています。そこには必ず生身の人間がいらっしゃいますからね。

(杉井)
そうですね。それが本当によく伝わってきました。

私たちが一生懸命、『会社を良くするため何をしたらいいのか』と悩んでいると、その気持ちをくみ取ってくださり、一緒になって寄り添って考えてくださっているというのを強く感じました。

例えば、実際の研修でも参加者にただ単に“やってください”ではなく、参加者に寄り添っていくと、参加者のやる気が出てくるということが、横田さまのスタンスやスタイルを見ていてわかったのですよ。

(横田)
それは杉井さまご自身の人間力だと思います。

外部関係者から期待すること

(杉井)
外部からの気づきとしては、昔からホテルニューオータニを愛用してくださっている方々が、“この間食事をしたら、こんなサービスを受けた”というエピソードを話してくださったり、“この間ホテルニューオータニに泊まった時に忘れ物をして、電話で問い合わせをしたら、忘れ物の対応についても完璧だった”といった具体的な体験の話をいただけるのですね。

自分がサービスを実際に受けてよかったところ、悪かったところというのを外部の視点からフィードバックしていただけるので、大変ありがたい存在です。

(横田)
ご自身が感じられたことをフィードバックしていただけるお客様ほど有難い存在はありませんよね。

本日は、貴重なお話をありがとうございました。

~おわり4/4~

サブコンテンツ
ページトップへ戻る