JCBインタビュー vol.1 競争激化の中でリーダーに求められる能力とは?

米国発の国際ブランドとの提携が主流のクレジットカード業界において、自らが「日本発唯一の国際ブランド」として独自の躍進を続けるジェーシービー。専門知識はもちろん、広い視野、人間力をも兼ね備え、 同社のチャレンジをリードするリーダー人材の育成法とは?
株式会社ジェーシービー 人事部部長 平岩 泰行様にお話を伺いました。

 “日本発唯一の国際ブランド”として成長を続ける

ジェーシービー(以下、JCB)は1961年に設立され、日本におけるカード業界のパイオニアとして、社会の変化や人々のライフスタイル、ニーズに合わせて事業を拡大し、「総合決済ソリューション企業」をめざして成長を続けている。
1981年に独自の海外展開をスタートさせてからは、「真のグローバル・ブランド」を目標に、世界を舞台に現金によらないさまざまな決済サービスを提供しつづけており、“日本発唯一の国際ブランド”が、業界における同社の代名詞になっている。

 競争激化のなかで求められるたゆまないチャレンジ

JCBIMG_0805「日本におけるクレジットカード決済の比率は、いまも年々上昇を続けています。
その意味では成長産業といえますが、同時に、国内外を問わずより多様なサービスが求められています。
交通系ICカードなどの浸透で、非現金の決済が一般化するのに伴って業界全体の事業領域が拡大する一方、
異業種からの参入など競争は激化しています。こうしたなかで、わが社はさまざまなチャレンジを繰り返し、
成長軌道を維持してきました。今後もチャレンジ精神をもってより良いサービスを生み出しながら、成長を続け
たいと努力しているところです」と、業界の動向やJCBの
置かれた状況を説明するのは、人事部部長の平岩泰行氏だ。

平岩氏は、JCBにとってのリーダー像を「変化の激しい時代にあって、先進性と独自性を特徴とするJCBという事業体を引っ張っていく人材」と語り、「当社の事業の特性として、営業・システム・オペレーションなど複数の事業体が一つになって動くことが大切です。だからこそ、リーダーにはそれらを見渡す複合的な視点に加え、社内外のステークホルダーの利益を高い次元でマッチさせる能力、それを支えるコミュニケーション力や情報収集力、人間性まで含めた“総合力”が求められます」とリーダーに必要な要素を挙げる。そして、「そういった人材をいかに育てるかは、常にわが社の大きなテーマです」と、JCBにおける人材育成の重要性を強調する。

~つづく(1/4)~

サブコンテンツ
ページトップへ戻る