化学メーカーA社インタビュー(3)外部研修機関に理解しておいてほしいポイント

若手・中堅社員研修を導入いただいた化学メーカーA社様。
新人育成期間以降、役職者や管理職手前まで人材育成のイベントがない企業は多くあるのではないでしょうか。
これまで実施されていなかった若手・中堅層への教育に新たに取り組むに至った背景と、期待と成果について、人事グループ長山﨑様にお話を伺いました。
※お客様の希望で、企業名を伏せてインタビューをご紹介させていただきます。

前回の内容はこちら

(聞き手:日本能率協会 小板橋一夫)

JMAの研修を継続いただいている理由は?

(小板橋)
 先ほどお話にもありました今回の「若手・中堅研修」、そして、長らく継続していただいている「主任研修」、そして、「6等級研修」と、3階層の研修をお手伝いさせていただく形になって、本当にありがとうございます。どうしてこのような大切な研修をJMAに任せていただけているのでしょう?
我々が初めて支援をさせていただいてから、もう8年目になりますよね。

(山﨑)
そうですね。長年支援していただいていて、我々の会社のことを、先生も営業の方も良くご理解いただいた上で対応していただいているのが大きいです
それと、当社のマンパワー不足もあったのですよ。何かやるにしても、人事主導でやっていかなければいけないのですが、やりたいことはあってもなかなか実行することが難しかったというのも、正直ありました。そういう意味で、我々の会社をよく理解していただいているJMAさんなら、という信頼感もあって継続してお願いしているのです。実際に、実務として動くのは、私の上司と私しかいなかったもので。

(小板橋)
そういうところに、ちょうどうまくJMAがソリューションを提供できたということでしょうか。

(山﨑)
そうですね。 当然、これまで長年おつき合いさせていただいているので、うちも思っているところを言いやすいというところもありますし、やっぱり研修を担当していただいている先生の影響が大きいと思いますね。

(小板橋)
なるほど、ありがとうございます。

(山﨑)
ここまで長くおつき合いができているのも、よく我社のことを理解して、事業内容や、社風や、どういうタイプの人材が多いとか、そういうことを先生が熟知されている点が大きいと思います。それらを加味して受講者に接していただけるので、お願いするほうもやりやすいというのがありますね。

(小板橋)
毎回、研修が終了したら、実施報告をさせていただいていますが、「前期と比較して今期の受講生はこんな感じだった」「今期もこういう能力傾向がありました」というような話が講師からありますよね。

(山﨑)
毎年、先生の感想などを聞くと、やっぱりうちの社員って、こういう傾向が強いのかなとかわかるのですよね。

(小板橋)
JMA以外にもお付き合いのある研修会社はあると思いますが、JMAの研修で、こんな点に特徴があるなあと思われるところがありますか?JMAに対する印象みたいなものでもかまいません。

(山﨑)
さきほど申したことと同じになってしまうかもしれませんけれど、やっぱり会社のことを、営業担当者の方にも、先生にもよく知っていただいているという点では、やりやすいところがありますね。

ほかにも、時間の調整、スケジュールの調整といった運営面も、フレキシブルに対応していただけるので助かっています。

~つづく3/4~

■関連セミナー
中堅社員ビジネス遂行力向上コース
中堅社員ヒューマンスキルアップコース
リーダーのためのマネジメント能力向上 

サブコンテンツ
ページトップへ戻る