自社課題に踏み込んだ研修づくり 全薬工業インタビューVol.2

次世代事業推進者の育成研修の中で、経営理念や会社のこれまでの歴史・積み重ねてきた事業精神とこれからの将来について、議論し熟成させていくことを重視されている全薬工業株式会社。取り組みの背景や成果について総務人事部 人事課係長  澤井裕美様と、同課主任  山田英様にお話を聞かせていただきました。聞き手は日本能率協会(JMA)近藤健介、小関俊洋です。(本文中敬称略)前回の内容はこちら

研修実施にあたっての不安や社内の反応は?

(近藤)
繰り返しになってしまいますが、そうした研修の効果も含め、不安な部分はどのように解消されていったのでしょうか?

(山田)
zenyaku2初めての試みでしたので、不安を払拭するというよりも、まずは実際に研修をやってみてから考えようという姿勢でした。その結果、1年目で実際に効果として感じられるところがありましたので、2年目も継続しようということになりました。

(澤井)
各部門の受講者上司の方々がこの研修に期待をもっていて、部下を受講させたいという上司からの推薦が私たちが想定していた2倍以上あったことも、進めていく後押しになりました。

自社課題に踏み込んだオリジナルの研修を構築

(近藤)
上司の方のバックアップがあることによって、参加される受講者の方のモチベーションも上がるでしょうし、そういった点も効果のひとつとなりますよね。

今回、我々と一緒に研修を実施いただいての率直な感想やご意見、または今後JMAに期待することなどがありましたら、ぜひお聞かせいただきたいのですが。

(澤井)
こちらからの要望をいろいろと聞いてくださり、無理なお願いでも一緒に考えてカリキュラム構成を提案してくださったのが、とてもありがたかったです。(「マネジメント研修」概要図:右下の図を拡大クリックしてご覧ください)

zenyakuプログラム今後も、当社の社員のレベルに合ったオリジナルな研修を企画していく必要があると考えております。今回おこなった研修の課題や改善点などを一緒に考えていただき、次はどういう施策をとるべきなのかといったことも、どんどん提案していただければと思います。

将来的には、当社に必要な事業推進者を育成するためにはどのような「研修体系」を構築していけばいいのか、といったところまで提案していただくことを期待しています。

(山田)
特に良かったなと感じたのは、講師の桐野先生が、当社の課題に入り込んでいろいろと考えてくださり、当社に合わせて研修内容も作り込んでくださったというところでした。

(近藤)
桐野講師は、要望に対してもれなく応えていこうという意識を高く持っている講師のひとりですので。

(澤井)
本当にありがたいです。

~つづく2/4~
関連ページ
経営幹部育成研修 「次経塾」

サブコンテンツ
ページトップへ戻る