次世代リーダーに会社の歴史と未来を考える場を 全薬工業インタビューVol.1

次世代事業推進者の育成研修の中で、経営理念や会社のこれまでの歴史・積み重ねてきた事業精神とこれからの将来について、議論し熟成させていくことを重視されている全薬工業株式会社。取り組みの背景や成果について総務人事部 人事課係長  澤井裕美様と、同課主任  山田英様にお話を聞かせていただきました。聞き手は日本能率協会(JMA)近藤健介、小関俊洋です。(本文中敬称略)

次世代事業推進者の育成研修 実施の背景・課題とは?

(近藤)
それではインタビューを始めさせていただきます。まず、お二人の現在の会社内でのお立場、役割についてお聞かせいただけますか。

(澤井)
全社的な教育研修体系の構築から個々の研修企画運営を担当しています。

(山田)
私は採用業務の担当ですが、採用と研修はやはりシームレスにしたほうがいいという考えがありますので、今一緒のグループで取り組んでいるところです。

(近藤)
今回JMAにご依頼いただいた研修のテーマについて、あらためてお聞かせください。

(澤井)
次世代の事業推進者の育成をテーマに、JMAさんに研修をお願いいたしました。

(近藤)
研修を導入される前、教育担当として、どのような課題を感じておられましたか?

(澤井)
zenyaku1かつては、全薬工業のコアコンピタンスを強みとしていろいろな事業に取り組んできたのですけれども、近年はその強みを認識して事業を推進するということができていないのではないかという問題意識があります。もう一度、過去からある“全薬の考え、事業精神や理念”といったものを熟成していくことを課題に、人材育成の計画を立てています

(近藤)
なぜ今回も我々JMAに研修のご相談をいただけたのか、何かきっかけとなるようなことはありましたか?

(澤井)
以前お願いした営業研修は会員窓口からご相談したことがきっかけとなりましたが、その際に、既製のカリキュラムではなく、我々の意向に沿って研修の内容をカスタマイズしてくださったというところが、今回JMAさんに研修をお願いする決め手となりました。

研修を実施して見えてきた効果

(近藤)
次世代の事業推進者育成のために始められた今回の「マネジメント研修」を進めていく過程で、障害や悩みなどはおありになりましたか。

(山田)
研修全般にいえることですが、“効果の測定”の難しさを感じました。「マネジメント研修」でしたので、将来のマネジャー候補・リーダー候補となる方たちを、どのようにして育成していくのか、その育成効果をどうやって見るかということに、少し不安を感じていました。けれども実際に研修をおこなっていく中で、少しずつ受講者の意識が変わっていく様子を見ることができ、研修の効果を感じられる場面はありました。具体的な業務上の効果として表れてくるのは、研修が終わった今後に期待するところです。

(近藤)
研修期間中という短いスパンでは、例えば、最終回の発表の場など、研修を受ける前と比べて発言の質が変わってきたとか、そういったところも効果として見ることができるかもしれませんね。

(澤井)
あともう一点、受講者が今までは自分の担当業務しか見えていなかったと思うのですが、それを全社的な視点で考える機会になったことは、良かったと思っています

研修を受講することにより、将来の“全薬工業”のことや、あるいは過去の“全薬工業”のことについて、皆で話す機会、考える機会、意見をぶつけ合う機会を持てたということは、やはり効果があったとみてよいと思います。

人事としても、受講者が今何を考えているのか、今の管理職が、どういう考えで仕事をしているのかということを、多少なりとも知ることができたことは、とてもいい機会だったと思います。

~つづく1/4~

関連ページ
経営幹部育成研修 「次経塾」

サブコンテンツ
ページトップへ戻る