企業導入事例(2)開発力強化・・・研究・開発・設計・技術部門向け研修

JMAの研究・開発・設計・技術部門向け研修プログラム体系のねらい

高付加価値製品(模倣困難な製品・価格競争に巻き込まれない製品)の創出を実現するために、
「技術者1人1人がイノベーティブになること」
「開発設計のプロセスが未来起点で革新的なものになっていること」 が求められています。

JMAでは、研究・開発・設計の各機能を磨き、”価値創造プロセスの革新”を進める実践力を磨いていただく
研修プログラム体系を設け、企業内研修としてご提供しています。各社・各部門の課題と状況に合わせてご活用いただくことが可能です。 ★プログラム体系はこちらから  ★企業導入事例1

カスタマイズ導入事例2
材料メーカーB社 課題解決スキルと計画スキルを磨く!開発力強化

背景

◆個々の技術者が、より生産性・創造性の高い業務に取り組めるよう、
限られたリソース・スケジュールを活用して自分の開発テーマをより円滑に
進めるための課題解決力・計画力を向上させたい

企画のポイント

実際の自身の開発テーマや業務を題材に演習を進めながら、以下のことを実践できる力を磨く
・過去の失敗を繰り返さないための課題抽出、発見
・業務推進上の特徴の理解と施策織り込み
・業務の優先順位づけと計画策定
・計画を円滑に進めるための関係者とのコミュニケーション

プログラム概要

【日数】2日間   【対象】設計・開発業務に従事する中堅技術者

RD事例2

 

 

 

 

 

 

研究・開発・設計・技術部門向け研修プログラム体系

企業導入事例1

電機・電子機器の製品安全技術シリーズ

お問合せこちら

サブコンテンツ
ページトップへ戻る