企業導入事例(1)新事業開発・・・研究・開発・設計・技術部門向け研修

JMAの研究・開発・設計・技術部門向け研修プログラム体系のねらい

高付加価値製品(模倣困難な製品・価格競争に巻き込まれない製品)の創出を実現するために、

「技術者1人1人がイノベーティブになること」
「開発設計のプロセスが未来起点で革新的なものになっていること」 が求められています。

JMAでは、研究・開発・設計の各機能を磨き、”価値創造プロセスの革新”を進める実践力を磨いていただく
研修プログラム体系を設け、企業内研修としてご提供しています。各社・各部門の課題と状況に合わせてご活用いただくことが可能です。   ★ プログラム体系はこちらから    ★企業導入事例2

カスタマイズ導入事例
機械メーカーA社 新事業開発ワークショップを通じた技術リーダー育成

背景

◆中期経営戦略において新事業の戦力化が重点テーマの1つに。
◆担当部門の業務に特化してきた技術・開発部門の若手マネジャーを対象に、将来の経営幹部候補として必要な事業経営感覚を持たせたい。

企画のポイント

単発の『商品』にとどまらず、継続・発展する『事業』をつくるスタンスで次のポイントを体験的にチームで学ぶ
・事業化・事業運営・商品化のステップと考え方
・案・アイデアを徹底して創造的に拡大させ、絞り込む方法
・顧客へ訴える提供価値を意識した企画・プレゼンテーション

プログラム概要

2日間×4回 約半年間で実施

RD導入事例A

研究・開発・設計・技術部門向け研修プログラム体系

企業導入事例2

電機・電子機器の製品安全技術シリーズ

お問合せこちら

サブコンテンツ
ページトップへ戻る